ひらけ、東京!!

学生時代とやってることが変わらなくて、だから「大人は楽しい」【雑談】

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は東京都北区の秋の風物詩・北区花火会が行われました。

北区花火会2018
http://www.hanabi-kita.com/

議員になる少し前からかかわらせていただいている催しなので個人的に思い入れも強く、当日のみで恐縮ですができる限り毎年、ボランティアとしてお手伝いさせてもらっています(一度だけ視察と重なり参加できず)。

雨の多かった10月開催から、今回は9月開催へと日程が変更されたものの、今度は台風がぁぁ…!

天候には心配しかなく、朝からぶっ通しの設営作業は文字通り地獄の様相でしたが、

二枚目の写真、白いシートの横で作業している二人組の1人が私です(笑)。


(撮影:観客席にいた小学校の同級生S女史)

なんと昨年に引き続き、打ち上げ直前に雨がほぼあがるという奇跡!!

これも花火会に強い思い入れを持ちながら、日夜準備に取り組んできた運営スタッフの方々と、楽しみにしていた区民の想いが文字通り天に届いたのでしょう。

北区赤羽が生んだロックスター・エレファントカシマシとのコラボ花火はとても好評で、感動的でした。

さて、「祭り」が終わるとお待ちかねの(?)撤収作業。

学生時代のほとんどを学園祭運営に費やしてきた私は、この夜の撤収作業の哀愁が大好きなのです。

大勢いたお客さんがいなくなった会場の中、乏しい照明の中で一つひとつ設備や機材を片付けていく。

祭りの終わりに寂しさを覚えながら、こみ上げる達成感と向き合うこの時間こそ、祭りをやりきった人に与えられるご褒美なのだと思います。

大学4年生の最後の学園祭のときは、「ああ、こんな想いができるのも今年が最後なんだなあ」としみじみ思いながら撤収作業をやってましたが、結局、大人になっても政治家になっても同じことをやって、同じことで感動しているという(笑)。

学生時代の想像を良い意味で裏切って、大人になっても変わらないことは変わらないし、大人になった分だけ楽しみが増していく。

とか美談のように言いながら、順調に年齢を重ねている分だけ体力的にはキツくなってきましたけど、今年も運営に携わる機会を与えていただけたことに大感謝!

ことしでついに第7回を迎えることができた北区花火会。

来年も無事に開催が決まり、そして来年こそ準備~撤収まで快晴の1日となることを願って…!(悲願)

ご来場の皆さま、そして運営スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

それでは、また明日。

【お知らせ】

●クラウドファンディングに挑戦中です。ぜひご一読の上、ご支援をいただければ幸いです
https://camp-fire.jp/projects/view/95522
●音喜多新党(仮)では、統一地方選挙に向けた公募を行っています ※9月30日締切!
https://otokitashun.com/blog/daily/

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ