ひらけ、東京!!

新成人の力は社会を支えると同時に、既得権と闘い社会を「作り直す」ためにある

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今年も成人式の季節がやってきました。またこの場に議員として、来賓として参加できることを嬉しく思います。

毎年ちょっと感傷的なことを書きたくなる日なのだけど、昨年は新成人には「謝罪」からメッセージを伝えるべきだなんてことを書いていたようです。

待ち受ける少子高齢化と財政危機。新成人たちに掛けるべき言葉は何か?【ほぼ雑談】
http://otokitashun.com/blog/daily/13902/

今年も来賓として登壇する区長や議長などのスピーチを聞きながら、あれこれ考えまして。

「これからの社会を担っていくのは君たち若者」
「選挙などでどんどん政治に参加をして、意見を届けて欲しい」

などのメッセージはもちろん大切ではあります。一方で、やっぱり若者に過度な期待と重責だけを押し付ける気にもなれないのです。

どうしてもこの20年間を振り返れば、「平成不況」という事実を避けて通ることはできませんし、未だに高度経済成長期に作り上げた幻想と構造から脱却できず、若年層や将来世代にツケを送り続けているのがわが国の現状です。

であれば、若者が政治参加をするのは社会を支えるためだけではなく、自分たちに正当な権利と力を取り戻すためでもあります。

明らかに不適当で偏った政策投資や予算の規模を是正し、「世代間の支え合い」によって若者が不当に搾取されるのではなく、「世代内の支え合い」という新しい社会のあり方を提起していかなければなりません。

そのために、立ち上がれ若者よ!!

…なんてアジテーションするつもりはありませんが、若い人には「社会を支えて欲しい」というのではなく、「(これまでの世代が歪めてしまった)社会を作り直すための力を貸して欲しい」というメッセージを送るのが、わたしたち世代のあるべき姿かなあなんて今年は感じましたとさ。

あっという間の20年。1990年台はインターネット黎明期、情報化社会がすべてを変えていく時代でしたが、今年からはブロックチェーンが新たな革命を起こす予感がします。

新成人の皆さまとともに、新しくより良い社会を創り上げていけるよう、私も全力で邁進してまいります。


(毎年恒例、おまけの二十歳ショット)

改めて、成人本当におめでとうございます!

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ