ひらけ、東京!!

待ち受ける少子高齢化と財政危機。新成人たちに掛けるべき言葉は何か?【ほぼ雑談】

日々のこと

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

本日は全国各地で成人式が行われ、私の地元北区でも約3,000人の方々が新成人となりました。

5479243412438

今年はやや会場内が騒がしく、女性の北区議会議長が登壇したタイミングで

「おっ○○ーーーー!!」

というヤジが飛んだ際には会場が一時騒然となりましたが(苦笑)、暴れだすような参加者はおらず、概ね賑やかで素敵な成人式になったと思います。

5479243424526

北区では20年前の重大ニュースが掲示されるのが通例ですが、野茂英雄投手がメジャーリーグでノーヒットノーランをやったり、消費税が5パーセントになったのがこの時だったんですね。

消費税って、そんなに前から5パーセントだったのか…!そして、それからほぼずっと経済成長が低迷していることを考えると、いよいよ「失われた20年」から「失われた30年」も近いなという気がします。

こうした中で、我々が新成人にかけるべき言葉とは、一体どんなものでしょうか。

残念ながら私はまだ、成人式で登壇・祝辞を述べる機会はありませんが、もしその機会があるとすれば「謝罪」から入るのではないかとボンヤリと考えていました。

「これからのニッポンは労働力が減り、お年寄りは増え、今の社会保障の仕組みは崩壊します。財政危機は待ったなしで、それを迎え打つことになるのがあなた達の世代です。そして、それをつくってきたのがこれまでの大人たちです。だから…ごめんなさい」

なんだかその方が、「新成人としての自覚を持って…」「社会を担う一員として…」「若さを武器に大きな夢を描き…」なんて責任や希望を押し付けるよりも、我々が伝えるべきメッセージな気がするのです。

その上で、こんなになってしまった社会だけど、諦めなければ必ず良くすることができる。これからはともに社会を創り上げていく仲間として、この社会を良くするために力を貸して欲しい…。

うーん、下手に出すぎかしら?

まあいずれにせよ、自分自身が二十歳の時を振り返っても、そこまで深い社会に対する考察なんて持ち合わせていなかったものです。人がいつ大人になるかというのは、けだし永遠の難題であります。

292145_315688198506231_356090168_n
(毎年載っけてるけど、二十歳のときのわたし。)

ともあれ新成人の皆さま、本当におめでとうございます。大人になると楽しいことも辛いことも増えるけれど、一緒にニッポン丸での荒波航海を楽しんでいきましょう^^

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ