ひらけ、東京!!

初のネット解禁選挙!その戦略は…?

日々のこと

休む間もなく、来週には参議院選挙が始まります…(遠い目)。

今日はとある参院選予定候補者の方の
「ネット広報」部門の戦略会議に出席してきました。

一応、僕は

「ネットを使いこなしている若手政治家」

という位置づけになっておりまして(?)、
アレコレと改めて考えてみたのですが。

…なんか、難しいですよね。。

以前にも触れた通り、爆発的な変化は
起きないんじゃないかと思っています。
自分の選挙が終わった後も、その考えはあまり変わっていません。

過去記事:「ネット選挙解禁」は何をもたらすか?
http://otokitashun.com/blog/policy/409/

上記の中で、ネットが一番力を発揮するのは

「既存の支持層(支援者や友人)の囲い込み、情報交換」

であると記載させていただきましたが、
やっぱり候補者やその陣営から発信された情報というのは
もともとその候補者を知っている既存の人脈しか見ないわけで。

となると、自然発生的に伝わっていく(バズる)情報を
いかに仕掛けて発信していくのか、という勝負になってくるわけですな。

ココらへんを、海千山千の大政党の候補者たちや
そのブレーンたちがいかに料理していくのかに注目したいところです。

ちなみに余談ですが、オトキタは選挙期間中の丸9日間、
本当に1分たりともPCに触れる時間がなく、あれだけ長い期間
パソコンに向かわなかったのは、中1で家にパソコンが常設されて以来初めての経験でした。

選挙後、久しぶりにタイピングをした時、すっげぇ違和感ありましたからね。。
むしろ感動さえ覚えた。笑

それなのに、候補者本人以外メールが使えないというネット選挙のルールは
どこか歪んでると思わざる得ないのですが、実情に合わせてどんどん変わっていき、
いずれは若者の投票率向上に寄与することを強く望む次第です。

明日は東十条駅にて朝の駅立ち予定。
それと、14時半より党本部の街宣車(金魚鉢)が北区に来て、
区内をご挨拶まわりさせていただきます!

お騒がせしますが、何とぞ宜しくお願いいたします。
それでは、おやすみなさいませ。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ