ひらけ、東京!!

【都議会ヤジ問題】「こんなの日常茶飯事」で終わらせないために

都議会の話

毎日、この話題ばかりをブログに書いていて申し訳ありません。
もう少しだと思うので、ご容赦ください。

連日、分刻みで電話・メール・SNS(FBやTwitter)で沢山の方から
ご意見をいただきまして、本当にこの問題の大きさを感じています。

その中にはもちろん、手厳しいものもあります。
男性が中心ですが、実際には女性からの批判的な意見も多数きています。
しかし私が気付いた限り、その意見には共通点があるようです。

「こんなことは、働く女性にとっては『日常茶飯事』」
「『これくらいで』騒ぐようでは、やってられない」

多くのメッセージの中に、こうした文意が散見されます。
下記は、いただいたメッセージから一部を引用させていただきますが、

>でも、働く女性にはこんなこと日常茶飯事なのですよ。
>そんないまの日本をすぐにかえられますか?

>女が真剣に働こうと思ったら、そんなことに負けてられないし、
>人前でメソメソ泣いてる暇はないんです。

きっと彼女たちは様々なプレッシャーの中で働き、努力し、
なんとか家庭と仕事を両立して(あるいは片方を諦めて)、
その地位を築いてきたのでしょう。

その人たちが

「私たちもやったんだから、あなたも頑張りなさい」

と思うのはたいへん人間的な感情ですし、理解できないわけではありません。
ですがもしかしたら、これこそが問題の本質なのかもしれません。
今も多くの女性が、職場やその飲み会などで

「どうしてまだ結婚しないの?」
「子どもを産んだ方がいい」

というセクハラまがいの発言を受けていますし、
それが日常の中で問題になることはありません。

これに「我慢するのが当たり前」という風潮の中で、
とうとう議会の中でこのようなヤジが公然と行われたことが、
これほどの反響を巻き起こす事態になったのではないでしょうか。

「世の空気は確実に変わっている。
 政治家はそれを知るべきだ。もう後戻りはしないし、させない。」

自ら子育て支援のNPO活動を主導し、
社会変革を牽引する社会起業家の駒崎弘樹さんの言葉です。

確かに、ヤジの個人特定や煽りに入るなど、
行き過ぎた面もあるかもしれません。しかしながら、この流れが決して
「一部の感情的でヒステリックな行動」だと、私は思いません。

この問題の渦中にいる当事者として。
誰よりも、多くの意見を浴びている者として。

週明けの動きが勝負。
新しい時代へ、不退転の覚悟で進んでいきたいと思います。

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ