東京から、あたらしくしよう

突撃!おときた駿がゆく!都知事候補者に全員会いますプロジェクト~番外3:金子博さん~

選挙の話

※これまでのあらすじはこちら。
http://otokitashun.com/tag/tochijisen2014/

選挙公報元kaneko

金子博候補は、選管登録の住所のお手紙を出したのですが、
住所不明で戻ってきてしまいました…。残念。

というわけで金子候補についても、
選挙公報・政見放送を参考に所見を記載させていただきます。

金子博候補公式HP

■東京を「天国の首都」にする

政見放送と選挙広報の内容はほぼ一緒でした。
第一の公約は東京を「天国の首都」にするとのこと。

具体的には、中国や北朝鮮との関係が悪化しているため
東京都民は不安で夜も眠れなくなっている。各国の首都を姉妹都市にし、
知事自らが話し合いをすることで相手が喜び、都民は東京都が天国だと実感する…

そうです。
都市間外交を積極的に推し進めるという政策だと理解できます。
ただし、実現には国との折衝も必要になりますし、ハードルを伴うでしょう。

■原発は廃止、地熱エネルギー革命を推進

明確に脱原発を表明し、その代替エネルギーは地熱だそうです。
うーん、ちょっとこれだけでは判断がつかないですね…東京都で地熱発電をやるのかな?

■「少子・高齢化対策」の充実をはかる

ここは政策志向がなかなかはっきりしています。

・生物が子孫を残すのは自然の法則
・子供を産む世代に手厚い恩恵を与えます
・子供産まない若い世代には税金を払って頂きます

今の時代にはなかなか過激なご意見です。
でも、こう思っていらっしゃる方は、一部の世代には多いのかもしれません。
賛否はあれど、制度設計をしていく上で一つの政策と言えます。

■おときたによる総評

今回が初挑戦となる御年84歳の金子候補ですが、
政見放送では堂々と持論を述べていらっしゃいました。
平和運動・脱原発というのを伝えたかったように感じます。

しかしながら、こうした点を比べていけばいくほど
「脱原発」というシングルイシューでは都知事なんて選べないとつくづく思います…。
候補が有名人じゃなければ、どこで差別化をすればいいのやら。。

以上、本当に簡単な所感になりましたが、
何かの参考にしてみて下さい。

番外編はまだまだ続く!

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


Tags:

ページトップへ