ひらけ、東京!!

ちょ、その代役!ww楽しませてもらった金スマの「筆談議員」特集【雑談】

日々のこと,

普段ほとんどテレビを見ない人間なんですが、
みっちり2時間ほど画面の前でかじりついてしまいました。。
(その前のビリギャル特集もなし崩し的に…笑)

IMG_9545

TBSのバラエティ番組「金スマ」の筆談議員特集。
斉藤区議は筆談ホステス時代、そしてシングルマザーとして出産した時と、
こちらの番組で特集されるのは三度目とのこと。その企画名も

「3つの不可能に挑戦した激動人生」

不可能と言われたホステスという接客業、
そして耳が聞こえない中の一人での子育て、
さらには言葉を生業とする政治家へ…

客観的に文字にしてみると、すごいですよね。

選挙前からずっと非常に近い距離で仕事をしているので、
改めてこうした番組を見て、ああ彼女は大変な人生を歩んできたんだなあ…
なんて感情移入しながら、しみじみと見てしまいました。そして泣きました(笑)。

そして今やそんな大きなハンデを持つ彼女とも、健常者と変わらないように接することができて、
同じペースで仕事が出来ている
というのも、ある意味でとても良いことだと感じました。

そして選挙運動、政治活動のシーンではおかげさまで
私の姿を多く使ってもらえまして、インタビューなども放映されました。

さらに、斎藤区議が出馬決意する時に私の事務所に相談にきた、
再現VTRまで作られているということでワクワクして見ていたのですが、

IMG_9577

うはっww
似てますかね?!

IMG_9581

うーん、こうした形で自分の名前をテレビの中で見るとは、
まったく想像だにしておりませんでした。

個人的に興味深かったのは、再現VTRに出ていた私の事務所が
凄い立派な門構えで、大人数のデスクがあって、スタッフが数人いて、
応接スペースまであって…

実際の私の事務所は私と秘書一人分のデスク、
ソファーが置いてあるだけであんな立派な事務所ではありません(苦笑)。
「政治家の事務所」っていうと、世間一般ではそんなイメージなのかもしれませんね。

早くも番組放映を見た多くの方から叱咤激励や、
たくさんのご意見をいただいております。

放送ではカットされましたが、インタビューで私は

「障がいがあってもなくても、議場に立てば一人の議員。甘えは許されない。
 区民の期待に応えられるよう、全力で努力を重ねて欲しい」

と述べさせてもらいました。
番組の中に登場していた塩村都議からは

「彼女はすでに議会を変えた。立派な実績を作った!」

というあたたかいエールをもらいましたが、まだまだこれからです。
斎藤区議が一人前の政治家へと成長できるよう、私自身もまだまだ未熟ではありますが、
しっかりとサポートし、ここ北区から頑張っていきたいと思います。

ますは25日(木)、斉藤区議初の一般質問があります!
斎藤区議と私、そして政策スタッフが練り上げた質問を議会にぶつけますので、
平日日中ではありますが、お時間のある方はぜひ北区議会までお越しくださいませ。

引き続きご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします!
それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ