東京から、あたらしくしよう

1年半ぶりの集合に、「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」の歌詞が刺さる【雑談】

日々のこと

今日は久しぶりにプライベートの飲み会!

学生時代から10年来の親友・植松さんがシンガポールにご栄転ということで、
気の置けない仲間たちで送別会を行いました。

写真 (1)

大学関係のわかる方にはわかると思いますが、
在学中も卒業してからもずーーっとつるんでいた6人組でして。

社会人になってからも近所に住んだり、メンバーの数人がルームシェアしたり、
連休と言えば車を借りて文字通り日本全国を飛び回ったりと、
長い時間を共にしたこれ以上ない仲間たちです。

…が、結婚して家庭を築いたり、転勤して地方勤務になったり、
はたまた政治家になる人がいたりと、お互いの生活が忙しくなりまして。。

気づけばなんと、あれだけ毎日のように顔を合わせていた仲間が、
一同に全員が会したのは結婚式以来の約1年半ぶりでした。

いつまでも若いまま。
いつまでも変わらない。

そう思っていても、環境は容赦なく変わっていって、
少しずつみんなそれぞれに道が分かれてくるんだなーと、
30歳を過ぎて強烈に実感していたりします。

ちょうど「H Jungle with t」の掲題の曲が大ヒットしたのは小学生の時だったけど、
その歌詞の意味は本当にオトナになってから突き刺さりますよね。

-温泉でも行こう なんていつも話してる
-落ち着いたら仲間で行こう なんてでも
-全然ヒマにならずに 時代が追いかけてくる
-走ることから逃げたくなってる…

そしてしみじみ、学生時代と20代のときは死ぬほど無茶して遊んでおけ!
と思う次第です。どんなにお金があっても、時間が作れても、
その時しかできないことってのがあるもんです。

しかし30代でも懲りない我々は、
きっとシンガポールに弾丸ツアーで彼に会いにいくことでしょう。笑

むしろ、家庭が理由で行動を縛られてみたいものです…←

無理やり時間をつくったツケでやることが山積みのため、
本日は簡潔ながらこんなところで。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


Tags:

ページトップへ