東京から、あたらしくしよう

言語聴覚障害者が利用できない?!「警視庁遺失物センター」の対応が改善されます

警察消防委員会の所属議員として、
日々当て逃げ犯の検挙などに協力している私ですが、
小さなこと(かな?)でまた一つ、提案していたことが実現されそうです。

とある携帯電話を落とした都民の方から、
その「取得のお知らせ」とともにご意見をいただきました。

写真

雑ですいませんが、赤で強調した「問い合わせ先」にご注目ください。
東京都管轄の警視庁遺失物センターがその窓口になっていまして、
その連絡手段として、電話番号しか記載がありません

この何が問題かというと、こちらの通知書を受け取った方は、
実は言語聴覚障害をお持ちの方だったんですね。

すると彼は事実上、問い合わせをすることが不可能なので、
何か気になること…例えば本当に自分の携帯電話か否かも確認できず、
直接この住所に尋ねるしか連絡手段がないことになります。もしくはお手紙。

様々な事情でお電話という手段が使えない方々のために、アクセシビリティの観点から
行政の窓口としては当然、ファックス番号かメールアドレスを記載するべきです。

言語聴覚障害をお持ちの方たちにとって、
ファックスやメールは重要な通信手段であることは、言うまでもありません。

これはいかんと担当者に問い合わせたところ、

「いや先生、これはあくまでNTTドコモが出している書類ですので…」

と言われ、あやうく騙されそうになったのですが、

スクリーンショット 2014-09-11 20.19.29

ホームページ等を確認しても、ばっちり電話番号しか記載しておりません。
そりゃ、本体が掲載してないものを、NTTドコモが書けるわけがないですよね…。

というわけでこのご意見をいただいた6月から、
改善の申し込みを何度も強く申し入れていたんですけれど、
9月になってようやく改善の確約が取れました!

メールアドレスが掲載される方向だそうです。
うーむ、それくらい短時間でできそうなものですが、
これが行政、特にあらゆることに慎重な警視庁の実情なのですね…。

こうした「ウェブアクセシビリティ」の問題については警視庁に限らず、
東京都が運営するウェブページ全般に言えることで、
以前にも取り上げさせていただきました。

「お問い合わせ窓口」に電話番号だけでは、
連絡ができない人がいます【ウェブアクセシビリティ】

http://otokitashun.com/blog/policy/3565/

警視庁だけでなく、全体が順次改善されていくよう、
引き続き提言と働きかけを続けて参ります。

議員の仕事は大きなことから小さなことまで
色々とありますけれど、こうした「指摘するまで動かないこと」を見つけて、
改善させるのも大きな役割の一つではないかと思います。

やっぱり、普通の人が正攻法で行政の窓口に問い合わせるより、
議員から直接いった方が早い・確実・強いことは間違いないですからね。

特に今回のように、当事者からエビデンスをいただけると、
非常に有効かつ話が早いです!(それでも、3ヶ月かかってるけど)

皆さまも行政と関わる中で身近な疑問点・矛盾点を感じたら、
ぜひお気軽にお近くの議員まで意見を届けてみてください。
もしかしたら、まだ誰も気づいていないことかもしれませんよ?!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


Tags: , ,

ページトップへ