東京から、あたらしくしよう

試される体力と愛校心。「早稲田駅伝」なる大会で22.4キロ走ってみた【ほぼ雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

3年ぶりの開催となる「早稲田駅伝」なる酔狂なイベントに参加してまいりました。

早稲田駅伝
http://www.wiz-spo.jp/waseda-ekiden/

応援部や各種体育会が参加して駅伝を盛り上げてくれるということで、とかく母校愛が強い早大出身者たちにはなかなか魅力的に見えるこの企画。

22.4キロというハーフマラソンでもなく、記録に残らない中途半端な距離ですが、来月の大阪マラソンに向けた試走も兼ねて初めて参加してみました。

結論から言うと、ハーフマラソン感覚で走るにはなかなか厳しい大会でありました(苦笑)。

まず新国立競技場を走れるというのはなかなか魅力的に思えるものの、トラックは1周400メートル。これを1周1.4キロにして16周するというコース設定になっています。じゃああと1キロはどうやって作り出すかというと、

こういう競技場内の関係者通路(?)をひたすら走ります。。観客もいなければ、おそろしいほど景色も変わりません。トラックに戻ってくる瞬間だけを楽しみにひたすら16周します。

景色のベンチマークになるのは、3箇所に立ってて応援してくれる警備員のおじさんのみ。しかも終盤は疲れて座っていた。いやそこは最後まで応援してくれ!

そしてこれ、いま何周なのかマジでわからなくなる。ランニングアプリも起動しておいたのですが、途中電波が悪いところがあって不正確になり、10周目くらいからめっちゃ不安でした。

1周3キロとかなら間違えないと思うんですけどね。1.4キロくらいのコースだと自分のタイム・ペースをキープできるのかわからなくなるのですよ…。

今回の場合、1キロ6分ペースを維持して2時間10分ちょいでゴールできればいいやーと思っていたのですが、結果として序盤は5分30秒ペースで走っていたので、ちょうど一周分くらいの誤差がでるんですよねー。

念のためあと一周してからゴールするかマジで迷いました(笑)。

そして大半の人は個人ランではなく、チームエントリーの駅伝で走っているので、元気な人にめちゃくちゃ後ろから抜かれる。これは精神衛生上よくないし、同じくらいのペースで走っている人をペースメーカーとして見つけづらい。

その他にもせっかくトラックのビジョンがあるのにデジタル時計がないとか、給水ポイントからゴミ箱まではかなり短いなど、ランナーとしてはけっこう厳しいレースでありましたが、

2:00:30(2時間30秒)というキリの良いタイムでフィニュッシュ。ラスト5キロで見事にヘタれてキロ5:30→6:00ペースにガタ落ちしているのでフルマラソンには大いに不安を残しました(苦笑)。

ただ終わった後にはけっこう余裕があったので、ハーフマラソン大会でタイムを目指していればもっと縮まった気もするし、スポーツというのは難しいものですな。

とまあ言いたい放題いいましたが、応援部やチアのパフォーマンスなどもあり、愛校心を刺激される楽しいイベントでした。運営者の皆さま、ありがとうございました!

来年は普通にチームで出るのも楽しそうだなと。ちなみに早大生・早大OB以外でもエントリーできますので、ぜひ皆様の参戦もお待ちしています^^

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ