東京から、あたらしくしよう

維新・代表選挙も後半戦へ。次回に向けた課題を頭に叩き込み、改善策を考えながら…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

いよいよ維新・代表選挙も半分の日程を終えて、後半戦に突入しました。

本日のニコニコ生放送主催の討論会は、堀潤さんの司会も素晴らしく評判も上々。郵送投票で26日(金)が必着であることを考えると、あと数日程度が天王山となります。

追加メディアでの企画も決まったようです。こちらはまた詳細が決まったらお知らせします。

お近くの街頭演説会にぜひお越し下さい!

代表選挙そのものについては、引き続き様々なご意見をいただいています。

私としても今回の代表選挙が完璧にできているとは思っておらず、次回に向けて党が一丸となって課題を洗い出し、改善に努めていかなければなりません。

現時点で私が感じている改善点を覚書として残しておきます(まだまだ増えます)。

・候補者全員分の選挙公報を全党員に郵送(有権者である党員以外も含めて発送してしまえば良い。有権者以外の党員の関心を高める効果がある)
・各種メディアへの早めのアプローチと交渉

・投票用紙の秘密保持性の向上(目隠しシールなど)
・特別党員に対する選挙ルールの事前研修会を複数回実施(名簿管理の厳格化)

・街頭演説会は演説順番と立ち位置を一つずつずらしながら実施
・パネル仕様などのルールは事前にしっかりと定める
・推薦人による応援演説などの時間を設けるのも一手か

・決選投票の導入(仕組みは要検討)

一番重い論点は「決選投票の導入」ですが、私は党員が等しく一人一票を持つ仕組みは維持することを支持する一方、過半数の獲得者がいない場合の決選投票の仕組みは設けた方があらゆるリスクヘッジになり望ましいと感じています。

仮に海外勢力などが選挙結果を左右しようと介入して来た際にも、完全に防ぐことは難しくとも一定の対策を施すこともできます。

そんなことを考えながら、まずは現在の選挙で結果を出すことも重要。馬場伸幸候補陣営の一人として、引き続き一票でも多い得票を目指して最後まで駆け抜けて参ります。

推薦人応援動画もぜひご覧ください!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ