東京から、あたらしくしよう

片翼をもがれた?河野太郎デジタル大臣には期待も、行革・規制改革はどこへ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

日本維新の会・代表選のスタートまでいよいよ残すところあと3日となりました。大まかなスケジュールも特設サイトで発表されています。

ただ、まだ公開討論会・演説会などの日程が少ないので…

広報局はもちろん、私個人としても露出を最大化すべく模索をしています。多くのメディアに取り上げていただきたく、報道関係者の皆さまぜひとも宜しくお願い致します!

さて、本日は昨日に引き続き内閣改造に対する所感をば。

突破力に定評のある河野太郎さんがデジタル大臣に就任されたことには、期待の声も多く上がっています。テクノロジーに対する理解も深そうです。

ただ、懸念点があります。

前任のデジタル大臣は「行政改革・規制改革」と兼務でした。デジタル化というのは規制改革との相性が極めて良く、これをセットにして進める首相官邸の方向性は正しいものだったと思います。

ところが今回の河野太郎大臣の職責は「デジタル改革、消費者及び食品安全、国家公務員制度」であり、行革・規制改革が外れています

これで果たして、河野太郎大臣に期待されているようなデジタル大改革を進めることができるでしょうか…?

国民民主党の玉木雄一郎代表も自身の動画で、高市早苗氏や河野太郎氏などの内閣府特命担当大臣には「権限がない」と断言していますが、直接の担当省庁などを持たないポスト。

岸田総理が肝いりで行政改革・規制改革とともに後押しをしていかなければデジタル化も進まず、結局は自身のライバルである河野太郎氏を閣内で「飼い殺した」というだけの結果に終わる恐れも高いのではないでしょうか。

動画でもコメントしました。

「改革」への姿勢が相変わらず疑わしい岸田総理に、国会論戦では厳しく指摘を続けていきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ