東京から、あたらしくしよう

「権限・財源移譲を望まない基礎自治体がある」というリアル。中央にも地方にも改革とその成功体験を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

報道発表の通り、やながせさんがコロナ陽性となり自宅療養中のため、急きょ予定をやりくりして代打で石川県金沢市に伺うことに。

石川維新塾での講義、女性後援会での後援会に街頭演説会と、こばやし誠衆院支部長とともに半日間みっちり活動。

どのイベントも近隣地域の地方議員やたくさんの支援者が集まり、こばやし誠支部長への期待と人望が感じられました。

さて、羽咋市や津幡町など近隣自治体議員の皆さまと意見交換をする際に出た印象的なやり取りとしては、

「『地域の自立』という維新の理念にはとても共感している。しかし、このあたりの自治体の自主財源比率はどこも2割~3割。人も少ない。仮に権限や財源を移譲されても立ちゆくのか、非常に不安は大きい」
「実は中央政府や官僚だけでなく、意識改革が必要なのは基礎自治体そのものではないか」

というもの。まさに核心をついたご意見だと思います。

私が国会にきて間もないときに、基礎自治体への「権限・財源移譲」を進めるべきだとしつこく質疑でやっていた際。

他党の知事経験者の先輩議員が休憩時間に話しかけてくださり、「あなたの言う通りだ」と。そして続けて「しかし壁になっているのは、権限を手放さない中央省庁だけではない」と。

実はより大きな抵抗を示したのは、権限や財源を移譲される側の基礎自治体だと。

財源や権限を取ってこられても、我々では自治体運営などできない。自信がない。今のまま国や都道府県に任せておいた方が安心だから、権限移譲など求めないでくれ…

こうした多数の声に押されて、知事時代には自信をもって中央省庁に対峙することができず、権限移譲の流れを作り出せなかったと語っていたのが非常に印象的でした。

地域の自立を実現し、地方から国を変えていくためには、自治体がその原動力になる。しかし、もはや成長・人口増という成功体験をほとんど有していない自治体はどこも自信を失っている状態なのだろうと思います。

だからこそ、地方自治体を変えてきた・地方から国を動かしてきた維新の力が必要なのだと。

「それができたのは、大阪(都市部)だからだ」

と言われないように、全国津々浦々で実績を重ねる。そのためには石川県を始めとする地域での地道な活動が必要不可欠です。

来年のきたるべき統一地方選挙に向けて、一人でも多くの仲間を増やせるように全国行脚を続けてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ