東京から、あたらしくしよう

まったく迫力に欠いた茶番劇。ひとりぼっちの立憲民主党による内閣不信任案、否決へ。

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は衆議院本会議にて、議長不信任案&内閣不信任案の採決が行われました。おかげで参議院の日程はすべてストップ…。

維新は議長に対しては、政治的中立性を欠き「10増10減」を否定して議員定数増を促す発言などを厳しく指摘しつつも、週刊誌報道については真偽が定かではないため態度を留保(棄権)。

国会終盤の風物詩であり、一部野党のパフォーマンスに過ぎない内閣不信任案には反対票を投じました

それにしても今日つくづく感じたのは、野党第一党(立憲民主党)と内閣不信任案の迫力・覚悟のなさです。

ほうぼうでツッコミが入っている通り、今回の内閣不信任案は立憲民主党の単独提出。共同提出会派が多ければ良いというわけではありませんが、前々回5会派、前回は3会派で提出。

左派サイドの野党すらまとめきることができず、求心力が落ちていることは明らかです。

提出の趣旨説明も、2時間43分の大演説を打った枝野幸男前代表に比べて、泉代表は30分程度で粛々と終了。

長々とやった枝野幸男さんが良かったとはまったく思いませんが、何がやりたかったのかますますわからない…

一説には、夜に自民党大物議員のパーティーがあるため立憲サイドも気を使って深夜まで長引かせなかったとの話もあり、そのような噂がまことしやかに流布される時点で完全に与党サイドに舐められていたのだと思います。

いずれにしても、内閣不信任案は大不発で会期末を迎え、いよいよ参議院選挙に突入。建設的で生産性の高い国会を取り戻すためには、新たな野党がしっかりと力をつけなければなりません。

文書通信交通滞在費の公開すらできない、約束を守らない立法府に喝っ!

残す参議院日程にもしっかりと臨んでまいります。

動画でもコメントしました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ