東京から、あたらしくしよう

比例投票先で「自民」過半数の衝撃。安全運転の岸田内閣はブランディングに大成功?

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

参院選の投票先は自民50%・維新8%・立民7%
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA275120X20C22A5000000/

日経新聞が行った世論調査にて、比例投票先「自民」が20年ぶりに単独で過半数を超えたことに衝撃が走っています。

われわれ野党の不甲斐なさでもあり、口惜しい気持ちでいっぱいです…下がった分がそのまま与党に移動している感。。

岸田内閣の支持率も最高潮で、これにはウクライナ情勢やコロナ感染の収束なども影響していると思いますが、やはり変化・改革より安定が好まれてしまうのかなあと。

思えば菅内閣は、わずか1年の短命内閣でしたが、

・カーボンニュートラル目標のぶち上げ
・携帯料金の値下げ
・不妊治療への保険適用
・高齢者の保険料負担増(一部を2割へ)
・学術会議人事への政治判断

などなど、ぱっと思いつくだけで世論を二分するような政策・姿勢を次々に打ち出しました。

私もそのすべてに賛成というわけではありませんでしたが、すくなくとも国会・国政に「動き」があることは非常に好ましいことだったと思います。

翻っての岸田総理は、いろいろな「ビジョン」を打ち出して検討を続け、決定するのはNISAの拡大など当たり障りのない(敵を作らない)政策ばかり…。

補正予算も予備費の積み増しと最小限のバラまきで乗り切り「やっている感」を出すなど、政界の波乗りは秀逸ですがそれは国民にとって果たしてどうなのか。

実際、岸田内閣を支持する理由では「人柄が良い」がトップで「政策が良い」はごく少数にとどまり、逆に支持しない理由は「政策が悪い」がぶっちぎりという状態になっています。

危機感がなければ、王者はその椅子から動こうとしません。それは物価高騰や電力の逼迫など(節約しないと罰則?!)を迎える我が国にとって不幸なことです。

岸田内閣を政策実行のステージに引きずりだせるよう、今国会で最後に残る参議院補正予算審議・集中審議に全力で臨んで参りたいと思います。

明日31日は東・やながせ・鈴木宗男議員が登壇予定!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ