東京から、あたらしくしよう

政府が北朝鮮にワクチン供与を検討??COVAXを活用するか、二国間で提供するなら必ず厳しい条件を付けよ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

北朝鮮への「ワクチン供与」 政府内に検討の動き
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000254616.html

昨晩、北朝鮮へのワクチン供与を検討する動きが政府内であると報じられ、にわかに話題になっておりました。

NHKがさらに詳しい状況を報じている通り、現在、北朝鮮はいわゆる新型コロナの完全爆発状態にあるようです。

北朝鮮 これまでに35万人余りが発熱 18万人以上が隔離や治療
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220513/k10013623981000.html

これまで「新型コロナは我が国には存在しない(入ってきていない)」と強弁を続けていた北朝鮮。

ついに始まったパンデミックに加えて、国民の大半がワクチンを接種していないであろう状態であることも相まって、国際社会に支援を求めざるを得ない状況になったことが推察されます。

北朝鮮国民に対する人道支援はもちろん重要です。

しかしながら、今年になってからすでに20発近いミサイルを発射し、核実験を目論み安全保障上の明確な脅威となっている隣国に対して、二国間で拙速にワクチン提供をすることには反対をせざるを得ません。

以前になぜか北朝鮮が求めてもいない段階から立憲・森ゆうこ議員が「北朝鮮にワクチンを提供せよ!」と主張していた時にも指摘した通り、北朝鮮は国際的なワクチン支援の枠組みであるCOVAXへの参加を拒否しています。

本当にワクチンによる支援が必要なのであれば、北朝鮮はまずこの国際的な枠組みに参加をしてもらい、しかるべき査察などのチェックを受けるべきですし、日本もその枠組の中でワクチンを提供していくことが重要です。

また仮に二国間で提供を検討するとすれば、拉致被害者の全員即時帰国や核・ミサイル実験の永久凍結など、確たる約束とその履行を取り付ける必要があります。

本件も含めて、我が国を取り巻く安全保障環境については、また来週以降の国会質疑でも取り上げて参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ