東京から、あたらしくしよう

吉野家騒動に、批判が出るのは当然。しかし過度なキャンセルカルチャー(排斥行為)には功罪がある

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

吉野家の常務による、大学講義における問題発言が大きな話題になっています。

その発言詳細は繰り返しませんが、まったく弁護できない不適切極まりないものだと思います。批判が起きるのは当然で、会社・大学からも迅速な処分が下りました。

しかし、難しいのはそこからです。

先のオリンピック関連でも属人的な不祥事が続いた際、作品や所属組織にどこまで責任を問うべきなのか?が一つの焦点になりました。

冒頭に牛丼を食べたツイートをした通り、私は過度なキャンセルカルチャー(不買運動などの排斥行為)は慎重であるべきだとの立場です。

例えば今回のケースでは、当該会社の牛丼のブランドイメージは落ちることになりますし、食べたくないと思う人も多い出るでしょう。

それは然るべき事であり、会社などの組織もそのダメージは重く受け止めなければならないと思います。

ただ、会社がその不適切な方針を許容して突き進んでいるといのであればまだしも、完全に非を認めて謝罪をしている案件について、さらに不買運動・排斥行為を続けるのは不寛容が過ぎるのではないかと率直に感じています。

組織も人間も、必ず過ちを犯すものです。

その時に、所属組織に猛抗議を入れたり、過去の功績や作品まで含めて全否定することが、どのような社会的影響を与えるのかは、やはり慎重に考えるべきだと思います。

不祥事を批判・指摘するなと言っているわけではありません。そのやり方と程度が…と、本当にこの線引は難しいものです。

でもやっぱり、失敗した組織や人が(心から反省をしたのなら)再評価・再チャレンジできる社会であるべきだと信じて。

動画でもコメントしました。

牛丼単体としてはもっとも好きなチェーン店である吉野家さん(定食などのメニューを含めるとM屋が…)の、奮起と再発防止策にご期待を申し上げたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ