東京から、あたらしくしよう

「見えない敵」と闘う困難さ。就任後半年で支持率激減の菅内閣、微増した「検討使」岸田内閣

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は新企画として「党三役ライブ」が行われました。

直前まで何を話すかまったく知らされないまま柳ヶ瀬総務会長に招集された藤田さんと私。

オールアドリブで進行したわりには、なかなか双方向で楽しい番組内容になっているのではないでしょうか。

個人的には

「フロー大減税で流れを良くする吉村」
「手元に残る現金を増加する馬場」

などのキラーワードが出てきたことがツボでした(動画21:24~)。

1万回再生いったら第二回があるとかないとかの噂なので、ぜひご視聴&チャンネル登録をよろしくお願い致します!

さて、この党三役ライブの終了後に岸田内閣の支持率と「闘いづらさ」「手強さ」について3人で話しておりました(オンエア中に話せばよかった)。

岸田政権発足から半年 内閣支持率59.1% JNN世論調査
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6011215.html

発足半年で菅内閣が70.7%から44.4%と3割以上の激減となったのに対して、岸田内閣は微増となっています。

これはやりたいことが明確であった菅内閣と、いまだに曖昧模糊としている岸田内閣の差ではないかと思います。

菅内閣は賛否はあれど、携帯料金の引き下げや不妊治療の削減、あるいは学術会議への毅然とした対応など、やりたいことやメッセージが明確でした。

一方で「令和の検討使」とも揶揄される岸田総理は、発足から半年が経ってもいまだに明確なビジョンが見えてきません

経済政策における「あたらしい資本主義」も、社会保障制度における「勤労者皆保険」も、お題目だけが繰り返されていまだに中身は「検討中」。その全容が明らかになるのは、意図的に参院選後になるでしょう。

こういう「見えない敵」「中身がない敵」と闘うのは、幹がどっしりしている相手と闘うよりはるかに難しいのですよね。柳のようにこちらの攻め手がかわされ、「検討中」で逃げられる。

有権者から見ても、「なんだかよくわからないけど、大きな問題はなさそう」という消極的な支持につながってしまい、それが今の支持率維持という結果をもたらしているのではないでしょうか。

ただ、闘う相手は選べませんから、泣き言を言っていても仕方ありません。

時間が経てば経つほど「検討」という言葉が効かなくなってくることも事実。

本質的な政策議論に「検討使」を引きずり出せるよう、対案を出しながら国会後半の論戦に臨んでまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ