東京から、あたらしくしよう

「今年一番難しい選挙」石川県知事選は、維新推薦の馳浩候補が当選!県政に新たな風と改革を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

世論調査の専門家をして「今年一番難しい選挙」と言わしめていた石川県知事選挙。

石川県知事選 元文部科学相の馳浩氏が初当選
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220313/k10013529381000.html

大激戦の末、日本維新の会が推薦をした馳浩候補が当選となりました。ご支援をいただいた皆さまに心より御礼を申し上げます。

▼馳浩、無所属、新。当選。19万6432票。
▼山野之義、無所属、新。18万8450票。
▼山田修路、無所属、新。17万2381票。

保守三分裂となった本選挙では、上位三名がこの僅差…!投票率も前回から22%上がって60%超えと、関心の高さが伺える選挙となりました。

自民党の支持率が50%を超える保守王国・石川県ですが、三分裂となってしのぎを削った後に、政界模様がどうなるかは不透明です。選挙が終わればノーサイド…とは理想通りに行かないのが政治の世界でもあります。

県政運営には困難もあるかと思いますが、馳浩新知事による改革の手腕に期待したいと思います。改めて、ご当選おめでとうございます。

先の長崎知事選挙といい、参院選を前に熱戦が続き、少しずつ変化の兆しを感じます。

県知事選のように波乱が起きづらい選挙においても、番狂わせや激変が起こるところに、今の政治に対する有権者の不満や変化への期待が込められているのではないでしょうか。

中央政界では自民党一強政治が続きますが、もう一つの選択肢となれるよう、通常国会論戦の中盤戦に挑んでまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ