東京から、あたらしくしよう

100名以上の議員・支部長(予定候補者)が参加して党内議論。対ロシアや安全保障についてタブーなく議論を進めよ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

今朝は党政調会の主催で、全特別党員を対象として「ロシアによるウクライナ侵略に関する緊急提言」の内容に基づき、安全保障や核シェアリングについて意見交換会を開催。

朝の早い時間にもかかわらず、100名以上の国会議員・地方議員・支部長(予定候補者)たちが参加し、予定時間を超過して活発な質疑応答・意見交換がなされました。

原発や核抑止力については党内でも様々な意見・価値観があるものの、議論そのものを避けて通ることはできません。

立場や距離を超えた勉強会が気軽にできるようになったのも、オンライン化の大きなメリットの一つ。

これまでこのような国政課題は国会議員のみで議論・意思決定されることが通例でしたが、新体制の党政調会では垣根を取り払って積極的な意見交換を続けていきます。

対ロシアについては、経済制裁の効果が可視化されてきました。

強硬な態度に出続けている軍事大国・ロシアに停戦交渉のテーブルについてもらうには、「交渉をした方が良い・せざるを得ない」という状況を作り出す必要があります。

その点、我が国にはまだサハリン1・2などのエネルギー投資やGPIF投資の引き上げなど、いくつかオプションが残されています。一方でこの制裁を実施すれば、日本企業や国民生活にも痛みを伴うことになります。

現実の中で極めて難しい舵取りを迫られていることは事実ですが、国際世論の高まりを受けて、あらゆるケースを想定して備えておく必要があります。

明日は初登壇となる外交防衛委員会の質疑にて、こうした点も前びろに議論・提案をしていきたいと存じます。

質問準備が立て込んでいるため、簡潔ながら本日はこんなところで。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ