東京から、あたらしくしよう

叶わなかった直接の謝罪。石原慎太郎元都知事へ、心より哀悼の意を表します

日々のこと

こんばんわ、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日、元東京都知事の石原慎太郎氏がお亡くなりになるという衝撃的なニュースが駆け巡りました。

石原慎太郎氏が死去 89歳 東京都知事や運輸相など歴任
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220201/k10013460691000.html

毀誉褒貶の激しい方でありましたが、稀代のリーダーシップによって様々な功績とインパクトを残してきた政治家であることは疑いありません。

「影の首相」石原慎太郎氏、「死ぬまで人から憎まれていたい」
https://sakisiru.jp/20250

私個人との関係で申し上げれば、やはり百条委員会で対峙をさせていただいたことは振り返らざるを得ません。

豊洲市場移転問題を巡って百条委員会に出席された石原慎太郎氏に対しては、出席に至る政治的なプロセスや当日の激しい追及も含めて、様々な非礼があったことは改めて心より申し訳なく思います。

過去のブログ記事や著作「贖罪」でも記載させていただきましたが、百条委員会やその調査には一定の意味があったとは思う一方で、

石原慎太郎・元知事による意思決定の不透明さを責め立てながら、小池百合子知事のそれには意図的に目をつぶってきたことは、許されざるダブルスタンダードであったと深く反省をするばかりです。

実はその後、著作を上梓した際に謝罪の手紙をしたためて送付し、それは関係者を通じて受け取っていただいたことを確認できました。

ご存命のうちにいつかお目にかかり、謝罪の言葉をお伝えしたいと願っておりましたが、大変残念ながらそれは叶わなくなってしまったことは慚愧に堪えません。

訃報が流れたとき、上記の経緯から私に対しても厳しいコメントがあり、それらはすべて真摯に受け止めたいと存じます。

心より哀悼の意を表しますとともに、都政を中心に残された功績を時代へと引き継いでいけるよう、精進を重ねて参りたいと存じます。

どうぞ安らかに。

参議院議員
元東京都議会議員
音喜多 駿

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ