東京から、あたらしくしよう

代表質問で光る存在感。自民党のA案に対して、維新のB案を示す意味と効果

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

衆参両院での代表質問が終わり、その内容に対する有識者やマスコミの評価も出揃ってきました。

新資本主義・コロナに集中 代表質問、識者の見方は
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA211KH0R20C22A1000000/

こちらの日経新聞の記事では、二人の有識者が維新の質問を「別の対立軸を示せた」と評価をしてくださっていますが、特に興味深いのがパフォーマンス心理学の佐藤教授によるコメントです。

代表質問の場を最も効果的に使っていたのは日本維新の会の馬場伸幸共同代表だ。岸田文雄首相の「新しい資本主義」に対し「日本大改革プラン」を提示し、A案とB案のどちらがよいかと迫った。

>人は心理的に二者択一の両方を否定するのは難しく、どちらかを選ぶ傾向がある。テレビなどを通して国民に選択肢を示し自民党を支持しない層や新しい資本主義に不満のある人に効果的に語りかけた。

上記の日経新聞記事より抜粋、強調筆者


心理的な効果だけを狙っているわけではありませんが、政府に対して「対案」を出す意義の一つはここにあります。

政府や他党の方針・政策にあれこれと揚げ足を取って、「実現可能性がない」「説明不足だ」と迫るだけの政党が支持をされないのは当然のことです。料理がまずいからといって、他にメニューがなければ選びようがないのですから。

維新の「日本大改革プラン」を始めとする公約の数々は、決して100点満点のものではないかもしれませんが、少なくとも政策パッケージとしてもう一つの案を示した

最大野党が(最高顧問が問題発言や敵前逃亡を繰り返しながら)対案も示さない中で、今国会ではこうした自民A案と維新B案を軸とした活発な論争が行われていくでしょう。

来週からはまず衆議院で予算委員会がスタート。藤田文武幹事長を皮切りに、初当選した議員たちも次々と登壇予定です。

ぜひご注目いただければ幸いです。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ