東京から、あたらしくしよう

岸田内閣「ご祝儀相場」の終わり?感染拡大局面で政治・政局はどう動くか

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

いよいよお正月の三が日も終わり、明日から世間も政治も本格的に動き出します。

足元ではジワリと新型コロナの感染再拡大が残念ながら始まっており、政治関係者と話していると、ここから岸田内閣が本当に試されるのだろうという意見が多数です。

第二次岸田内閣が発足をしてから約二ヶ月間、ここまでは高い支持率のいわゆる「ご祝儀相場」が続いてきました。

安倍政権・菅政権と毛色の異なる「リベラル」な立ち位置をとり、野党(立憲民主)のお株を奪いつつ、国会答弁もこれまでのところ安定しているなど、一見すると綻びが少ないようにも思えます。

しかしながら、ここ最近の内閣支持率はコロナの感染拡大と連動していることは周知の事実

10万円給付の不手際や各種感染症対策の朝令暮改など、多々あった失点も現在は感染者数が低く抑えられていることで糊塗されているとも言えます。

これから残念ながら徐々に増えてくるであろう感染者数を目の間にした時に、岸田内閣がどのような対応を取るか。そして私たち野党が、どれだけ合理的な対案を出せるか。

感染症を政局にする気は毛頭ありませんが、ここが一つの軸となって国会論戦が展開されていくことは間違いありません。

基礎自治体や医療関係者は年末年始の休みを返上して、きたるべきオミクロンの波に備えるべく奮闘しています。

一方で岸田内閣は低く抑えられている感染者数に油断してか、前任の菅総理・河野ワクチン担当相に比べると明らかにワクチン接種の速度が低下しているのは大きな問題です。

通常国会のスタートは17日からの見込みとなっていますが、開会を待たずに動き出せるように政策提言を進めてまいります。

それでは、また明日、

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ