東京から、あたらしくしよう

政治家といえば写真撮影!使われそうにないボツカットを供養する【ほぼ雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

臨時国会も終わり、隙間時間を見つけて広報物などに使用する宣材写真を撮影しています。

私の単独写真は、2017年の選挙からずっとお世話になっているプロフォトグラファーの武藤裕也さんに。

家族写真は妻がお世話になっている江東区内の写真スタジオ「クレアール」さんにお願いしました。

セレクトが終わってデータが揃ったら、早速これらの写真にHPや名刺の画像を差し替えようと思っています。楽しみです!

さて、こういう宣材写真を撮る時はガッツポーズとか腕組みとか定番ポーズの他に「何かに使えそうだから」とお遊びカットを何点か撮るのですが、大抵の場合は驚くほど使う場面がありません(笑)

せいぜいブログやSNS投稿でネタにするくらい…というわけで使いみちがなさそうなのを早速供養してみましょう。

過去を振り返ると、カンフーポーズやダンスのアクションが見事にお蔵入りを果たしてきました。

八極拳の裡門頂肘。
Breakin’のマックスというワザですな。。

さて、今回撮影した中で圧倒的にボツカットになりそうなのは、こいつらだー!

執務室でハイキック。する機会があるわけない

なぜ撮ったかといえば、そこにボクシンググローブがあったからという理由以外にはありません。。

あと国会議事堂と一緒に撮ったら何かに使えないかな?と思って窓際で撮ってみた。うーん、これで何を伝えればいいのか?!

これは「愛読書と私」とかのコーナーで使えない…かなあ。。
※以上4点はいずれもphoto by Yuya Muto

そんなことを書いていると、今年ブログ記事を上げるのもあと5回!本年も無事に365日更新を継続したまま終えることができそうです。

明日明後日は最後のウィークデイとして事務作業やアポイントをこなし、29日からは歳末特別警戒などを回りつつ、30日・31日はコミックマーケットに参上したいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ