東京から、あたらしくしよう

維新は抗議の委員長辞職。ポストと公用車が目当てで、開催実績に乏しい国会の「特別委員会」は整理統合せよ!

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

維新議員“抗議”で委員長辞任 衆院の特別委統廃合進まず
https://news.yahoo.co.jp/articles/e061fe8f9a87c79e307e28cb2ee91e2f0381a158

国会の終盤、維新の井上英孝代議士は、衆議院における特別委員会の改革(整理統合)が進まないことに抗議の意を示し、辞任をされました。

なかなか世間一般の方には知られていないことではありますが、国会には特定テーマを集中的に審議するために「特別委員会」というものが設置されることがあり、衆議院は現在9つの特別委員会が存在します。

がっ!

集中的に審議するためにもかかわらず、開催実績がほとんどない委員会も散見される状態になっており、特に臨時国会の時は、わざわざ開会日に設置を議決するにもかかわらず、そのまま何も行われないことが常態化してきました。

どの委員会も開会実績は2回で数分程度。つまり、開会日と閉会日に手続き的に集まっただけで、審議・質疑など1分たりともしていません。

なぜこのように形骸化した特別委員会が多く残されているかと言えば、

・「委員長」というポストが欲しい、党内で回したい
・年間を通して配車される公用車を使いたい
・会期中は不開催でもなぜか出される委員長手当(日当6,000円)が美味しい

という身も蓋もない理由にほかなりません。

政界に入ってからずっと私には理解できないことですが、とにかく政治家・議員というのは「◯◯大臣」「◯◯長」等のポストと公用車が大好きで、みんな喉から手が出るほど欲しがっています。

しかし大臣ポストはなかなか回ってこないし、野党であればそもそも来ない。だからこの委員長ポストを所属議員たちに論考勲章的に回していき、委員長になった議員は名刺に嬉々として「◯◯委員会委員長」とか書くわけです。

こんな美味しい委員長ポストを減らすわけにはいかない、常任委員会だけではとても足りないから、開催する予定がなくても特別委員会はたくさん作っておいとこう!

ということが慣例化し、今に至る体たらくとなっています。

言うまでもないことですが、「特別」に審議をするためにわざわざ別立てで設置されている委員会なのですから、設置した以上は活発に開催して審議・質疑を行うべきです。

今回の臨時国会においても、予算委員会以外の常任委員会はほぼ開催されずに眠っていたわけですから、時間を持て余していた議員はいくらでもいたはずです。特別委員会を開いて審議をすればよかったのです。

こう言うとまたやれ「大臣の日程がつかない」「大臣が来ない質疑では意味がない」などと言い出すのですが、なんのために副大臣や政務官がいるのでしょうか。

審議実績がない特別委員会は廃止をして、常任委員会に吸収する。

審議時間が少ない特別委員会同士を統合して、数を減らす。

こうした努力・見直しをしなければ、とてもではないですが国民の理解を得られるとは思えません。

公用車も委員長手当も税金ですし、審議をしない委員会を儀式的に設置するためだけに、多くの官僚が振り回されていることも単なる無駄なコストです。

こうした問題は衆議院だけでなく、参議院も同様に起こっています。

「地方創生及び消費者問題に関する特別委員会」のように活発なものもある一方で、1~3時間程度しか審議がされていない特別委員会は、独立して存在している意義がどこまであるかと言われれば疑問符がつきます。

7つの特別委員会も、4ないしは5つくらいまで絞れるのではないでしょうか。現在は取り急ぎ、「災害対策特別委員会」と「東日本大震災復興特別委員会」という親和性の高い2つの委員会の統合を提言しているところです。

今回の衆議院では力及ばず改革が進みませんでしたが、維新は生産性・合理性の高い国会運営を目指し、前例にとらわれず改革案を提示して参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ