東京から、あたらしくしよう

予算委員会に、次世代エースたちが次々に登場!一方、一部野党の幹部・ベテラン議員たちにはブーメランが…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

予算委に維新若手3人が登場 「吉村世代」育成の狙いも(産経新聞)
https://www.sankei.com/article/20211214-VZ2UGOMAZJLCBFO7EP3QWFYYAY/

本日の予算委員会では、予告通り維新から4人が登壇し、早速いくつかの記事になっています。

トップバッターの足立康史・団政調会長(4期)以外はみな40代のいわゆる「吉村世代」。手前味噌ながら、みんなフレッシュ感と勢いがあり、予算委員会に新しい風を吹き込めたのではないかと思います。

というのも、特にテレビ中継が入る予算委員会は、大政党の幹部クラスたちの「指定席」。それに加えてベテラン議員たちが順番待ちをしているため、新人議員たちにはなかなかチャンスが回ってこないのが通例です。

ただ、その流れは維新のみならず、他党でも少しずつ代わりつつあります。

前回の衆議院選挙では、予算委員会の常連メンバーで、スキャンダル追及を中心にやっていた野党第一党のベテランたちが次々に落選し、作戦変更を余儀なくされた面もあったのでしょう。

今日の予算委員会では立憲からも落合貴之議員・石川香織議員といった次世代の若手議員たちが登場していました。

賛否はあるものの、落合議員は金融施策について掘り下げて質問をしており、なかなか聴きごたえのあるやり取りでした。

一方で役職クラス・ベテラン議員たちは…

雇用調整助成金の受給問題を威勢よく追及し、安定のブーメラン

こういうことをきっかけに、予算委員会が不祥事追及メインの場ではなく、政策論争の舞台へとより変わっていくことを願うばかりです。

衆議院では明日に予算案が採決され、いよいよ参議院に闘いのステージが移ります。

新体制のお披露目も兼ねて、僭越ながら私が登壇の機会をいただきました。

経済対策や社会保障制度について、本質的な論争を挑む所存ですので、こちらもぜひご注目いただければ幸いです。

質問原稿に追われているので、簡潔ながら本日はこんなところで。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ