東京から、あたらしくしよう

HPV(子宮頸がんワクチン)、ついに積極的勧奨の再開へ!山積する課題に引き続き政治がリーダーシップを発揮せよ

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日はついに、私も都議会議員時代に自ら接種し、ライフワークとして取り組んできたHPVワクチンの積極的勧奨再開が決定されるという記念すべき日となりました。

尽力された関係者の皆様に、改めて心からの感謝を申し上げます。

接種したのは2017年でした。

8年半という長い長い空白の時を経て、この期間に子宮頸がんで多くの命と子宮が失われてしまいました。

ここからはもう、後戻りをすることは許されません。また、この安全性の高いワクチンがほぼ日本でのみここまで問題になったことについては、マスコミ報道も含めて改めて検証が必要になるでしょう。

そして今後についても、やるべきことや課題が山積しています。

まずはキャッチアップ接種。積極的勧奨が停止されていた間に、公費で接種する機会を逃してしまった方への救済策(キャッチアップ接種)は予防接種・ワクチン分科会で引き続き検討されるということですが、この線引をどこに設定するか。

そして諸外国ではすでに、HPVワクチンの公費対象は若年女性だけではなく男性も広がりつつあります。予算をにらみながら、この範囲をどこまで拡充していくか。

そして4価ワクチンより効果の高い9価ワクチンがすでに実用化されています。9価ワクチンの承認・導入をどのように急いでいくか。

どれも命にダイレクトにかかわる極めて重要なテーマです。そして、新型コロナで「ワクチン」に対して関心が集まっている今こそ、強力な推進力をもって一気呵成に結論を出していくことが望ましいと思います。

そしてどん底まで落ちてしまった接種率を回復させていくためには、地方自治体との連携も欠かせません。ちょうど、接種を促進する自治体議員連盟が立ち上がったばかり。

引き続き、HPVワクチンを実際に接種した当事者の一人としてこの問題解決に尽力し、国会からこの大きな動きを後押ししていきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ