東京から、あたらしくしよう

維新躍進、与党完勝、立憲・共産が議席減。大物議員も落選で波乱の衆院選始末【御礼とご報告】

日々のこと

※このブログは11月1日AM5時に執筆していますが、10月31日分としてアップしています。

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

衆議院選挙のすべての結果が出揃いました。

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/shugiin/2021/

事前の下馬評を大きく覆し、議席を大きく減らすと言われていた自民が踏みとどまり、公明党は議席増。

それに対して政策一致を捨てて「野党共闘」に走ってまで勝利を取りに行ったはずの立憲民主党・共産党が議席を減らし、いわば「一人負け」状態になりました。

この野党共闘にどのような効果があったのかという検証については、これから諸説出てくるのだろうと思いますが、私はやはり穏健な多くの有権者が明確に「政策一致なき野合」「共産党まで含めた行き過ぎた共闘」にNoを突きつけたのだろうと思います。

とりわけ立共合作を主導した小沢一郎氏・中村喜四郎氏・辻元清美氏などの大物議員が次々と落選していった光景は衝撃的なものがあります。枝野代表も大苦戦…!
※小沢・中村候補は比例復活

国民民主党が議席を伸ばしたことから、旧民主党の支持者でも中道の有権者の多くはこちらに流れたのではないでしょうか。

一方で自民党も無傷ではなく、まさかの甘利明幹事長が小選挙区で落選するなど、「世代交代」への期待も感じられました。

こうした中で日本維新の会は41議席と、大きな大きな期待をいただいたことに心より感謝と御礼を申し上げます。

私が責任者を務めた東京地区では比例票約85万、比例議席2議席を預かり、責任を痛感しています。

一方で悲願の小選挙区当選は惜しくも逃し、東京に擁立した17名中15名を落選させてしまったことは痛恨の極みであり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いただいた期待に応えられるよう、新たに誕生した仲間とともに政策実現に邁進していくとともに、明日からと言わず今日から駅に立ちさらなる党勢拡大に努めて参ります。

2時間後には私も駅に行きます。

引き続きご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ