東京から、あたらしくしよう

【速報】第三子、産まれる。名前はまだない。

日々のこと

8月6日21時43分、3,318gの男の子が無事に産まれました。

コロナの影響&次女が小さいこともあって、基本は自宅待機。途中で妻からの連絡も途絶え、ドキドキソワソワする時間が続きましたが、

無事に産まれてきて良かったーーーー!!!

それ以外の言葉が見当たりません。すべてのお産は奇跡。

一番頑張った妻に、心からありがとう。そして、お疲れ様でした。

今回はいわゆる「無痛分娩(計画分娩)」を選択したわけですが、母体・赤ちゃんの状態・麻酔科医の先生のスケジュールなど色々な要素が絡み合って、全然計画的にはいかないということも学びました。。

感染症対策で短時間しか喋れなかったのですが、「けっこう痛い時間もあった」とのことで、無痛分娩の詳細についてはまた妻に詳細を聞いて皆さまにもお伝えできることを共有したいと思います。

名前は「漢字で一文字」にしようと決めている以外は、まだ未定。顔を見たら何か思いつくかなと思ったけど、全っ然決まりません(苦笑)。

感染症対策で入院中は妻と子どもには面会できないとのことで、数日間はワンオペで次女の面倒を見ながら、赤ちゃんを受け入れる体制づくりと命名に頭を悩ませたいと思います。

SNSなどで応援・ご心配のメッセージをいただいた皆さま、本当にありがとうございました!!

今日から5人家族だね。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ