東京から、あたらしくしよう

うつろわざるものたち。プレイヤーは変わっても、改革の志は変わらない【当選から2年の備忘録】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日も昨日に引き続き維新・全国遊説キャラバン in 九州。熊本・鹿児島で県庁訪問や車両遊説、街頭演説会を行いました。

鹿児島中央駅前の街頭演説会には、山ノ内毅・元衆議院議員がサプライズ参戦!

「9年前、30歳の時に初めて衆議院選挙に挑戦した。その時は橋下徹さんがここにきて、駅前を聴衆が埋め尽くした」

と2012年からスタートした維新の改革を語り、今なお衰えぬその闘志で新しい政治を訴えました。

動画が縦になっておりますが…音は問題ないかと。。

「9年経って、結局政治は何も変わってないじゃないか」

と思われる方もいるかもしれません。残念ながら一足飛びに大きく政治は変わらない。私たちも何度も、何度も壁にぶつかり跳ね返されてきました。

それでも私たちは政治を、改革を諦めることはありません。

橋下徹前代表はもういない。松井一郎代表もまもなく、政界を去ります。

でも、その志と改革の魂は吉村洋文副代表と、私たちに確かに受け継がれる。

私たちが志半ばで倒れても、次の世代の若者が、子どもたちが、必ず改革のバトンをつなぎ続ける。

その想いで、砂漠に水をまくような作業かもしれないけれど、今夏は全国を駆け回って維新の改革を一人でも多くの方に伝えてまいります。

2年前の7月21日は、参議院選挙の投開票日。つまり、参議院議員に当選してから丸2年が経つ日です。

「おと・やな」当選に維新沸く、音喜多氏は最遅当確(2019年7月22日 日刊スポーツ)

ダイジェスト動画はこちらから。

6年間という長いように思えた任期も、早くも3分の1が経過しました。

あの時、支持者の方々に訴えた政治ができているだろうか。有権者に恥じない政治家になれているだろうか。

自問自答しながら、月並みな言い方ですが初心を忘れず、引き続き政策実現に邁進していく次第です。

リクエストの多い柳ケ瀬さんも、近日中に全国キャラバンに参戦してくれるはず!きっと。たぶん。おそらく…。

今年も「おとやな」の活躍にご期待ください!

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ