東京から、あたらしくしよう

ロッキンジャパンフェスを中止に追い込んだ茨城県医師会も、政府与党の無責任な態度も看過しがたい

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は緊急事態宣言の発令に伴い、閉会中ですが議会運営委員会が開かれて短時間の質疑が行われました。

緊急事態宣言の発令という一大事に対して臨時国会が開かれないどころか、今日の委員会に総理の出席もないという状況は遺憾であるとしか言いようがありません。

ロッキンに中止要請の県医師会「五輪は要請出す案件ではない」
https://jisin.jp/domestic/1998241/

その中で自民党・山田太郎議員が短い時間の中で取り上げましたが、ロッキンジャパンフェスが中止に追い込まれた件は、茨城県医師会の対応が理不尽なことに加えて、十分な補償も担保されていないという異常事態になっています。

医師も含めて多くの方がすでに指摘をされている通り、行政機関ではない医師会には中止をさせる権限は当然なく、なぜロッキンジャパンフェスにだけ唐突に「要請」が出されたのか極めて不可解です。

女性自身の記事で茨城県医師会が回答している、オリパラについては触れないこの理由に納得できる人はどれだけいるでしょうか。

>茨城県ではカシマスタジアムが競技会場に指定されており、7月4、5日には県内で聖火リレーも実施されている。東京五輪についても、「ロッキング・オン」と同じように中止の要請を出しているのか?

>「五輪大会には要請書は出していません。理由は、五輪の開催や観客の有無についてはIOCや国で色々議論されています。他にも様々な団体からも要請や意見が届いていると思います。そういう状況のなか、このタイミングで茨城県医師会が東京五輪に対して要請を出すというステージにはありません。要請を出す時期でも案件でもないという判断です。『ロッキン』のフェスは地元で開催される非常に大きなイベントだということで、今回要請書を出したということです」

意味不明です。

ロッキンジャパンフェスだって、主催者とひたちなか市が色々と議論をした上で進めていました。

「このタイミングで出すステージではない」と言いながら、茨城県医師会は6月18日にフェスがあることを知ってから、ロッキンフェスに対しては直前に要請をかけています。むしろそちらの方が理不尽ではないでしょうか。

日本医師会の会長が自民党国会議員の政治資金パーティー発起人になっているように、医師会というのはかなり政府与党とベッタリな圧力団体です。

政府与党が進めており既に引き返せない地元オリパラ催事には忖度、そうでない民間イベントには自己保身・医療負担増を回避するために中止要請というダブルスタンダードは、いくらなんでも酷すぎるのではないでしょうか。

そして政府も、こうした中止対応を「自発的に決めたこと」と責任回避をするのはいい加減にやめるべきです。

見方によっては、自分たちに親しい組織を通じて圧力をかけながら、政府は無関係を装って補償はしないというやり方にすら思えます。

大変残念ながら、もうフェスの中止は覆らないと思います。ならばこれから政治ができることは、関係者も含めた補償を徹底的に行うことです。

これをなし崩しで終わらせることは許されません。与野党を超えて声をあげていきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ