東京から、あたらしくしよう

元都民ファースト・おくざわ高広都議が応援に来てくれたので、今だから話せることを記そう

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

街の雰囲気も温まってきた、選挙戦二日目。

今日はサプライズで、元都民ファーストの会(今は無所属)のおくざわ高広都議が佐藤こと候補の応援に駆けつけてくれました。

非常に説得力をもって今の都議会の問題点、なぜ改革が進まなかったのかを語り、また人物本位の観点から佐藤こと候補を推す理由を吠える。

本人も陣営メンバーも感動の嵐となりました。

演説の模様は私のYouTubeチャンネルでライブ中継しましたので、よろしければぜひ御覧くださいませ。

せっかくおくざわ都議が来てくれたので、今だから話せる都民ファ時代の彼との思い出話をちょっとだけ書きますと。

私が都民ファーストの会を離党したのは2017年10月5日だったのですが、実はその2週間ほど前に離党するつもりでした。一人で。

というのも、いきなり理由の説明も一切なく、都民ファーストの代表が荒木ちはる都議になるということが報道・事後報告されたからです。

こんな組織おかしいだろ、ブラックボックスそのものじゃないか。言ってることとやっていることがまったく違う!

と、私は荒木ちはる代表が就任する議員総会で「反対!」と叫び、そのまま机を蹴って出ていって離党するつもりでした。

それを前の日の晩に、確か神楽坂の店で一晩中お酒を飲みながら止めてくれたのがおくざわ都議で

今の執行部はおかしいけど、必ず変えていける。

まだみんなわかっていないだけで、改革をしたい新人都議は沢山いる。

一緒に都政を変えようって言ったじゃないですか、踏ん張って一緒にやりましょうよ!

と、おくざわ都議ともう一名いたんですが、その都議の名前はまだ言えない(苦笑)。

音喜多さんが机を蹴って出ようとしたら、力づくでも止めますから!と彼らに真剣に言われて、私もその次の日は離党することを思いとどまったのであります。

しかしほどなくして、小池知事が突然に都政を大きく逸脱して「希望の党」を結党。

またもすべてが秘密裏に進んでいく党運営に限界を感じ、私は二週間後には離党する運びとなりました。

その後の流れは、ご案内の通りです。

このように内部から都民ファを、都議会を変えようとあれだけの熱意と正義感に燃えていたおくざわ都議も、それから1年後に都民ファーストの会を離党しました。

離党のご報告
https://ameblo.jp/takahiro0938/entry-12431415588.html

いかに現在の都議会与党・第一党が、あの時に多くの有権者が期待をした状態をかけ離れているか、感じていただけるのではないかと存じます。

今回、おくざわ都議は選挙に出馬せず、議員としての活動からは退かれるとのこと。改革マインドに燃えた人材が都議会から去るのは本当に残念です。

その改革の魂は、佐藤こと候補に注入されました。

以前厳しい闘いですが、なんとか勝ち抜き、前の4年間では出来なかった本当の改革を成し遂げるべく突き進んで参ります。

そして戦略会議をしていたら0時を回って終電を逃し、さすがに睡眠時間を1時間でも長く確保するために今日は「北区赤羽の湯」で有名なスーパーホテルに宿泊と相成りました。

炭酸泉が最高すぎる…!

明日の北区中を駆け巡ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ