東京から、あたらしくしよう

ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は北区と練馬区で感染症対策を徹底しながら、屋外での街頭活動・御用聞きに回りました。

緊急事態宣言の継続に伴う行政相談も多いのですが、明らかにワクチン接種で街の雰囲気が変わっているのを感じます。

オリパラ開催の可否も、世論調査が反対派多数→拮抗へと揺り戻しが起きており、やはり菅政権が最後の切り札と力を入れているように、ワクチンが社会に与える影響は心理的にも極めて大きいのだなと感じます。

一方で、いわゆる「反ワクチン」と呼ばれているグループの行動に過激化が目立ちます

役所への抗議電話も度が過ぎれば業務妨害になりますし、冷凍庫の電源を落とすのは故意にやっていれば完全に犯罪行為です。

思想信条は自由ですので、ワクチンに警鐘を鳴らす言説自体を取り締まることはできません。

ただ、ワクチン接種は強制されているわけではありませんし、それを妨害することはワクチンを接種したい方への権利侵害であり、極めて悪質であると断じざるを得ません。

先日は「コロナは風邪」と主張されていた旧N国の立花党首も、コロナに罹患して入院しました(快復を心より祈念しています)。

コロナ感染の立花孝志氏がついに入院報告「コロナは風邪だからと言い続けてきたが…」 涙を流し声詰まらせる
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0311f5894746d79386f84d03f9d214ff8badaf

>「『コロナは風邪だからと言い続けてきたから入院しない』ということが理由で、万が一のことがある人がいないように。」

とメッセージを送っているように、考えを変えてコロナの脅威やワクチンの有効性を認めることは、何も恥じることではないはずです。

政治サイドからも、正しい医学的情報が伝わりワクチン接種が促進されるよう、引き続き努力を続けてまいります。

動画でも所感を述べました。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ