東京から、あたらしくしよう

足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

各種報道では、緊急事態宣言の延長が確定的になりつつあります。

1月2日に小池知事を含む一都三県知事に「突き上げられて」緊急事態宣言を発令し、またも形としては「追い込まれて」延長することになりました。

昨日のブログでも言及した通り、肝心なデータがあやふやなままで意思決定をするようでは、国民が期待しているリーダーシップを感じることができません。

そして何より、寺田学議員が指摘をしている通り、決め方の以前に情報発信もフラフラしすぎていて心配になります…。

本心でもまだ迷っているのかもしれませんが、普通はここまで記者の前で踏み込んだ以上、結論が変わることはよっぽどのことがなければありません。

であれば、力強く「私としては、延長で考えを固めた」「明日の専門家会議でもその意思を伝える。よほどの反対意見が出てこない限りは覆らない」とはっきり言うべきではないでしょうか。

足元がフラつけばフラつくほど、求心力を失えば失うほど、菅総理に当初期待されていた「大改革」が困難になります。

菅総理に、改革に向かう決意と力は残っているのか。

明日3月4日は、約1年ぶりに予算委員会で登壇機会をいただきました。本緊急事態宣言の案件の他、社会保障制度や労働市場の抜本改革などについても総理・閣僚と徹底議論します。

出番は午前11時台、または13時台になる見込みです。NHKによる生放送がある他、ネット中継もされます。

ぜひご注目をいただければ幸いです。

準備があるので、本日は簡潔ながらこのあたりで。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ