東京から、あたらしくしよう

東京都、香川県のゲーム条例は踏襲せず!小池知事らのしたたかさが光るも、「表現の自由」は一歩前進

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

良くも悪くも政治の世界では、「政局によって政策が動く」ことがままあるもので。

私も国政で度々取り上げてきた香川県の不合理な「ゲーム条例」ですが、東京都は追随をしないという方針が小池知事自身からはっきりと示されました。

参考過去記事:
「ゲームとスマホは一日一時間」を権力で規定?!香川県でトンデモ条例案が進行中…
https://otokitashun.com/blog/daily/22386/
【urgent!】香川県のネット・ゲーム規制条例、その効力が県外に及ぶ可能性が判明…
https://otokitashun.com/blog/daily/22744/

エビデンスがはっきりと示されないまま、ゲームやネットを「悪玉」にしかねない条例内容であり、全国への波及が心配されていただけに、東京都がこうしたスタンスを明示したことは非常に大きな一歩です。

ということで、この変化については素直に喜びつつも、

生粋の「表現の自由戦士」である松本ときひろ区議が推察しているように、このタイミングで大きな動きとなったことには政治的意味合いがプンプンします。

ゲーム条例を含め、「表現規制・表現の自由」の課題に積極的に取り組み、コミケ前街宣に参加するなどしてきたのは、都民ファ離党組が中心

そして都議選の直前というタイミングで、都民ファ代表質問に対して知事答弁→都民ファ都議が一斉に発信してPRという流れは、まさに「やるな、ブライト!」という感じです。


※やるな、ブライト!

OVA「逆襲のシャア」におけるシャアの台詞。普通のミサイルをダミー・弾幕とし、少数だけ核ミサイルを混ぜて攻撃してくるブライト艦長を敵ながらあっぱれと評価したもの。

なお、逆襲のシャアは私(音喜多)が二番目に好きなガンダム作品。一番目は機動戦士ガンダム0083。

閑話休題。

まあ身も蓋もない言い方をすれば、「選挙に向けたアピール、ライバル潰しじゃね?」ということなのですが、裏を返せばそれだけ「ゲーム・ネット条例」「表現の自由」が選挙に影響を及ぼす話題になりつつあるということです。

都政にはゲーム条例の他にも、石原都政時代にスタートした青少年条例や、科学的な根拠に基づかない不健全図書指定など表現規制に関連した課題がまだまだ山積しています。

単発の動きで終わるのではなく、ぜひこうした継続的な動きにつながることを期待しますし、私たちも政策提言を続けてまいりたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ