東京から、あたらしくしよう

重荷を複数背負うと、むしろ馬力が出て楽に&強くなる説【雑談】

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

学園祭シーズンを迎えて、私の母校・早稲田大学でも今日明日は早稲田祭が行われます。

しかしコロナの影響で、完全オンライン開催に…。

時流とは言えかなり寂しいものがありますが、めげずにここまで走ってきた後輩たちに心からエールと感謝を。

感想については明日のエンディングを見たあとに、またエモいことでも書きたいと思います。

さて、週末なので軽めの話題ですが、ブログの毎日更新を自分に課してから7年以上、ここにYouTubeの毎日更新を加えてから1年以上が経過しました。

(年末までにチャンネル登録3万人目標はややストレッチゴールで、よかったらチャンネル登録で応援をお願いします…!)

平然とやっているようで、ブログを毎日更新するのってかなりの苦行(?!)なもので、ここにさらにYouTubeを加えるとか狂気の沙汰かよ?と自分でも思っていたのですが。

やってみると案外イケる…!

というより、なんか2つあるのでどっちか一つを片付けると、すげー肩の荷が降りた気分になったもう一つも捗るという謎の心理的効果が得られています。

結局、人間のキャパシティや能力は負荷をかけていかないと広がらないので、少し無理するくらいが丁度いいのだろうなあと改めて思う次第であります。

今年も早くもあと2ヶ月で終わりですが、ストイックに新しくできる挑戦を探し続けていきたいなと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ