東京から、あたらしくしよう

経済再生の起爆剤は、マイナポイント+キャッシュレスポイント還元。しかし肝心のマイナンバーカードが…

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

来週からいよいよ臨時国会がスタートしますが、主要テーマの一つはやはり経済政策です。

失業・倒産が目に見えて増えてくるのはむしろこれからで、追加の経済対策を早急に打ち出すことは必要不可欠な状況となっています。

その核とすべきは消費税の減税だと個人的には考えますが、モタモタと決断を先送りをして秋になってしまいましたし、減税は決定して実施するまでにタイムラグが生じます。

そこで過日には自民党の長島昭久代議士などが中心となり、追加の現金給付などが緊急提案されておりまして、こうした形でまずは予備費を使い切ることは有力な一手です。

国民一律5万円の追加給付金支給を 自民党・長島昭久氏らが要望書
https://news.livedoor.com/article/detail/19056217/

ただ現金給付はそれなりに時間&コストがかかりますし、貯蓄に回ってしまう可能性も大きい。

そこでせっかく大きく財政出動するのであれば、単純な現金給付よりさらに優れた施策があります。

それが永江一石さんが主張されている、マイナポイントとキャッシュレス決済を組み合わせた還元策です。

プランA

1 マイナポイントで配布。一瞬で全国民に到達
2 マイナポイントだから好きな電子マネーに変換される
3 有効期限を3ヶ月とする

プランB

1 キャッシュレス決済の20%がマイナポイントで付与される(上限1回2万)
2 マイナポイントだから指定の電子マネーに変換される
3 この付与ポイントの有効期限は付与から3ヶ月とする
(上記ブログ記事より抜粋)

プランAはマイナンバーカードと電子マネー普及を強力に促し、さらに有効期限を設定することで確実に消費させる策です。

プランBになるとさらに高度で、消費させることでポイント還元する仕組みを導入し、仮に財源を6兆円で還元率を20%とすると30兆円の消費が生まれる仕組みになります。

デジタル改革を推進する菅内閣にとって、経済対策&デジタル推進策の両面作戦となる政策パッケージであり、約7兆円残っている予備費の使い方としては最善策ではないかと思います。

しかーし!

この話題が出たので、思い出したように家族のマイナンバーカード引取を予約しようかと区役所に連絡してみたところ、

なんと予約が取れるのが12月以降…(2ヶ月待ち)!

Tweetについたコメントによるとそういう自治体ばかりではないとのことですが、もっとも消費が期待される都内でこういう状態の自治体があるとなると、かなり実現困難ですね…。

そもそもマイナンバーカードの発行手続き・引き取りが煩雑すぎることはかねてから問題視されており、普及の大きな妨げになってきました。

過日に海外事例を調べたのですが、国民IDに類するものをすべて「オンライン手続き」で発行・完了できる国も諸外国にはあるようです。

対面発行の主な理由はセキュリティ上の理由ですが、対面とて完璧なものではなく、オンライン完結を目指して仕組みを再構築すべきではないでしょうか。

同時に、マイナンバーカード発行が条件となっているマイナポイントの方を見直すことも一つかもしれません。

こちらも合わせて臨時国会では改善を提起していくものの、この現状から打てる最善策としては6月末で終了してしまった「キャッシュレスポイント還元の再開(大幅に%を引き上げて!)」となりそうです。

シンプルですが、実績もあるので政府がその気になればすぐ実行可能な政策といえます。

消費税の減税などと合わせて、臨時国会で財政出動・経済政策も積極的に議論をしてまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ