東京から、あたらしくしよう

小泉進次郎大臣を、梅村みずほがぶった斬る!「それって他の人でもできたんじゃないですか?」

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は東日本大震災復興特別委員会にて、「音梅コンビ」で質問に立ちました。

私からは復興財源に向けた東京メトロ株の売却、「帰還困難区域」への対応、甲状腺検査の中止などを提案しましたが、この後の梅村みずほさんの質問がすごかった!

小泉進次郎・環境大臣に出席要求をして直球勝負。以下、やり取りの要旨。

梅「原発処理水について、大臣就任後に色々と言われてましたけど、そのあと何かしたんですか?」
小「モニタリング担当の座長として、ずっとモニタリングしてきた

梅「それって、小泉さんじゃないとできないんですか?他の人でもいいような気がします。処理水への協力を申し出た松井市長の意見を聞きたいとも当時言ってましたけど、会う気はないですか?」
小「全国の様々な首長とも意見交換をしている」

梅「では、私が松井市長とのアポイントを取るために協力しますけど、いかがですか?」
小「それは私が決めることじゃないです

…というわけで、小泉進次郎大臣は半年以上、頑張ってモニタリングをされてきたということが明らかになりました。モニタリング小泉と名付けたい。。

そして最後もやっぱり端切れが悪い終わり方。9月にも内閣改造かという噂が飛び交う中で、このままだと小泉進次郎議員は環境大臣として復興のためには何もできなかったという結果に終わりかねません。

発信力・影響力のある存在だからこそ、ぜひこの問題で存在感をいまいちど発揮してもらえるよう、我々からも辛口のエールを送り続けたいと存じます。

連日質問が続きますので、簡潔ながら本日はこんなところで。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ