東京から、あたらしくしよう

謎の関電訪問、理不尽な本会議停滞…(一部)野党の迷走が止まらない第200回国会

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は「福島第一原発処理水タスクフォース」第二回勉強会が行われた後、衆議院で「各党代表質問」が行われる本会議が予定されていました。

ところが…

予定時刻になっても、一向に始まらない本会議。

参議院会館にいると何が起きているかさっぱりわからなかったのですが、立憲社民国民を始めとする主要野党の皆さまが、衆議院議長の発言に猛反発して開会を遅らせていたようです。

各党代表質問の衆院本会議、始まらず 衆院議長の発言めぐり紛糾
https://www.sankei.com/politics/news/191007/plt1910070008-n1.html

>大島氏は5日、地元の青森県八戸市で開いた自身の会合で、国民投票法改正案に関し「もう少しのところに来ている。臨時国会で与野党が話し合い、合意を見つけてほしい」と語った。

これに対して「公正中立な立場であるはずの議長が、憲法改正の旗を振るとは何事だ!」というのが野党の主張です。

まあ議長の立場は(議場では)公正中立であるべきなのは間違いないので、一理くらいはあると思いますが、国会外での発言でもありますし、何より沢山の関係者がいる本会議を遅らせるようなことなのでしょうか…。

特に質疑の日は担当者が全員残りますから、こういうことをやっているから霞が関の働き方改革が進まないんだよなとまざまざと痛感した次第です。

野党の皆さんと言えば、週末にも謎の関電訪問で世間を賑わせていたばかりです。

丁寧に反応いただいた原口議員には心より感謝するものの、まったく意味のないどころか迷惑なパフォーマンスに終止する野党の姿には失望を禁じえません。

結局のところ、このような行動に走るのは「悪名は無名に優る」「とにかく何かで目立った方が良い」という発想に基づいたものだと思います。

が、これは露出する個々の議員には当てはまったとしても、組織全体としてはマイナスになる可能性が高いと個人的には感じるところです。

日本維新の会はこうしたパフォーマンス野党とは一線を画し、是々非々の立場で国会でしかできない本質的な論戦に望んでまいります。

明日の衆院本会議には馬場幹事長が、明後日の参院本会議には片山虎之助共同代表が登壇予定です。ご期待ください。

各党代表質問の内容については、また明日以降にご報告致します。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ