北区出身、35歳2児の父!自分の街に本気です!

もっとも尊敬する地方議員が、板橋区長選挙に挑む!城北地区から首長連携で改革を!!

日々のこと

こんばんは、北区長選挙・あたらしい党公認予定者のおときた駿です。

新元号は「令和」であることが発表されました。パッと見た感じスマートで格好良いし、語源も知って納得。

個人的にはかなりしっくりときた元号です。

平成の時代は主に「停滞」していたことが多いと感じるけれど、令和は新しい展開が待っている予感がします。

もちろんその新時代を切り開けるよう、私自身もいち政治家として努力を重ねていく所存です。

さて、、都議会議員の身分がなくなって1日目の本日。ほぼ始発から駅に立ち、区内を駆け回っていたわけですが、お昼休みはお隣の板橋区まで足を伸ばしました。

まったく同タイミングで板橋区長選挙に挑戦する、松島みちまさ区議と作戦会議。

松島さんは、6期24年板橋区議を務めてきた「みんなの党」時代からの大先輩です。

中道右派政党である「みんなの党」にいたことからわかる通り、どちらかと言えば保守系政治家にもかかわらず、今回は野党からも推薦を集めています。

このあたりが、完全に私との人望の違いですね(笑)。

2013年、私の初選挙のときからずっとマイクを握ってくださり、選挙のノウハウもすべて叩き込んでもらいました。


※写真は2017年選挙当時のもの。「みんなの党」同窓会状態…

「車なんか乗るんじゃない!歩け!!」

と言われて地獄の選挙をやらされていますけど?!、今の私があるのは文字通り松島区議のおかげだと言って過言ではありません。

国政政党の応援の有無によって私とは立場が異なるものの、ともに多選の区長に挑む改革派同士。情報公開や行政改革、産業政策など、出身母体が同じだけあって共通政策も沢山あります。

まさに隣同士で面している自治体が連携できれば、保育所や介護施設における相互扶助など、できることは山程あるはずです。

また個人的には、硬直化しているように見える23区長会の改革も共に行いたいなと思っています。

というわけで、区民が共通して使っている駅も多い北区と板橋区。時に連携しながら、街頭活動などご一緒できればなと考えております。

念のため申し上げておきますと、特に松島さんを応援する党派が私を推すわけではありませんし、また「あたらしい党」が松島さんに推薦をするわけでもありません。

シンプルに、これまで培ってきた人間関係に基づいた、個人としての「横の連携」です。

2ショット写真では、黒板が背景に写っていると思いますが、これは急きょ黒板を使って互いの政策を書き出しながら動画撮影したもの。なかなかおもしろい政策談義の動画が撮れました!

編集後に公開予定とのことなので、またこちらはお知らせさせていただきますね。

いよいよスタートまで2週間を切った統一地方選挙後半戦。北区長選挙と、お隣板橋区長選挙の行方にもぜひご注目いただければ幸いです。

それでは、また明日。

オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

おときた駿 プロフィール
前東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。2019年、都議を辞職し、地元・北区長選挙に挑戦を決意。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ