ひらけ、東京!!

大丈夫?都議会定例会中の、小池知事による急きょの平昌パラリンピック訪問

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日の知事定例記者会見にて、知事が平昌パラリンピック視察を発表しました。

小池百合子都知事、平昌パラリンピック視察へ「暑さや寒さ対策など気候対策について学ぶ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000127-sph-soci

小池氏は当初、平昌視察は行わないと明言していた。変更の理由については「都議会のオリパラ議連、職員から是非見た方が言いとの意見があった」と説明。

まず大前提として、行くか行かないかで言えば、私は小池知事もぜひ平昌パラリンピックに行かれた方が良いと思います。パラリンピックの機運醸成にも大賛成です。

ただ、この展開の「持って行き方」にどうにも不安を感じるのです。

都議会の会期中は、どんなことが起こるかわかりません。質疑で何か発生すれば、急きょの本会議や委員会が収集される可能性だってあります。

調べたところ特に議会承認は必要ないようですが、平昌五輪・パラリンピックの日程はわかっていたのだから、もっと前に視察計画を立てて調整することはできたはずです。

とりわけいま都議会自民党は、知事が知事査定終了後の予算案を公式発表前に特定団体に通知したことを「議会軽視だ」と問題視している最中。

●知事による平成30年度査定結果の事前通知に関する幹事長談話を発表

ここで都議会の会期が始まってから急きょの海外視察を決めるようでは、視察に反対はされないまでも、さらに「議会軽視」との姿勢を突かれることは間違いありません。

そうした批判を見越してか、知事は議会サイドからの後押しがあったことを強調されています。ただこれは、川松都議が指摘するように不正確な情報です。

おそらく知事の発言は、この平昌視察メンバー有志で知事に報告に行った際のやり取りにもとづいているのだと思われます。私もその場には同席していました。

確かに一部の議員から「ぜひ行ってください!」などの言葉があったことは事実ですが、議連の機関決定というわけではなく、その場では本件について賛否を明らかにしない議員もいました。

なので少なくともこの時点では、知事の平昌行きについて明確な結論は出ていないはずです。

その後、議連役員と追加のやり取りがあったのかもしれませんが…。

繰り返しになりますが、私は知事が平昌パラリンピック視察に行かれること自体は賛成です。

ただどうにも、こうした一連の経緯には違和感と不安を感じますし、もっと議会や都民にも理解・賛同される上手いやり方があるのではないかと思えてなりません。

早くも世間では

「当初は行かないと言っていたのに、また変節した」
「安倍首相が行って成果を出したから、焦ったのだろう」
「結局は政局的なパフォーマンスでは?」

という見方も噴出しています。それは非常に勿体無いことです。当初から

「パラリンピックの機運醸成のために、私は敢えて五輪ではなくパラリンピックの視察に行きたい。都議会の会期中だが、ぜひご理解をいただきたい」

と言っていれば、まったく評価は異なったはずなのですが…。

いずれにせよ、せっかく平昌パラリンピックに行かれるのですから、ぜひ有意義や海外視察にしていただきたいと願うばかりです。

それでは、また明日。

「あたらしい党 結党大会」参加者募集中!お申込みはこちらから

結党大会
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ