ひらけ、東京!!

制服JK(女子高生)が都議会議事堂に!政治家が積極的にメディアに出る意義って…

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今日はAbemaTVの企画にて、現役の女子高生が私に突撃インタビューにやってきました。

「鼻の下が伸びてますよ!」というリプライが早速つきましたが、否定できない…!(笑)

Tweetの中でも書いたように、明日23日の正午からオンエアされる模様です。

話の内容は議員生活や都政について、あるいは小池知事の話題など多岐に渡ったのですが、ここでは

「地方議会のことはあまり注目されていない、知らない」
「でも都政にはすごい注目が集まっていて、わたしたちもこうして取材にまで来てる」

という話からスピンアウトして、

「メディアに出るようになってみて、実際にどうですか?」

という話から始まった「政治家がメディアに露出する意味」についてをば。

露出が増えてくるとその分、いわゆる「アンチ」の数も飛躍的に増えてくるものでして、

「目立ちたがってるだけ、何も実績がないくせに」
「テレビに出ることは仕事じゃないだろ、仕事しろ!」

というような意見を非常に多くもらいます。

しかしながら、もちろん公務に支障を来さないという大前提ではあるものの、私は政治家がメディアに出るのは一つの大切な仕事・役割だと思います。

なぜなら前述のように、本当に政治(特に地方議会)というものは有権者から遠くにあり、少しでも政治に興味を持つ機会を政治家自身が創り出すことが非常に重要だと考えるからです。

もちろん地道な政策実現で有権者に訴えかけたり、地元を足繁く回ることは当然です。しかしながら、それではどれだけ頑張っても届かない層が非常に多く存在します。

身も蓋もない話ですが、存在を知らなければ政治に触れる機会はゼロであり、ワイドショーであれバラエティ番組であれ、その露出が政治や政治家に触れるきっかけになれば、それは大きな意味を持つと思います。

なので、今回の番組は「原宿アベニュー」という番組だそうですが、普段なら絶対に政治に興味がない層が見る場面で取り上げていただけることは、本当にありがたいことです。

ちなみにこの番組の決め台詞&ポーズは「それな!」というそうですが、どういうポーズかわからず戸惑っていた私に対して同年代のディレクターが一言。

「我々の世代で言う『ゲッツ!』です」

ゲッツ!

…じゃない、それな!

なんというか、うん、ジェネレーションギャップがあるのは仕方ないですよねっ!←

ということで、オンエアは明日23日(土)の正午から。女子高生とのカオスなあんなやり取りやこんなやり取りが、どのように編集されているのか?!

ぜひスマホからご確認いただければ幸いです。

原宿アベニュー

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 35歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ