東京から、あたらしくしよう

誰も触れないものに触れ、誰もやらないことをして、誰も書かないことを書く

日々のこと

講談社ノンフィクション賞に角幡唯介・高野秀行さん
http://www.asahi.com/culture/update/0730/TKY201307300323.html

私の趣味は読書です(キリッ)

…いや、ほんとなんですよ?!
確かに公式ブログを始めてから一度も読書の話題を出しておりませんが、
それは今年は本気で一冊も本を読む暇がなかっただけなのです。

まだまだ忙しい時期が続きますが(暇な時期とかあるのか…?)、
しっかりとインプットを再開していかなければいきません。

というわけで冒頭のニュースですが、
イチオシのノンフィクション作家の高野秀行さんが
講談社ノンフィクション賞を受賞しておりました!

高野さんといえば、早大生及びOBの間では

ワセダ三畳青春期

の著者として有名ではありますが、
その真髄は「辺境ライター」とも称される行動力と取材力にあります。

「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをし、誰も書かない本を書く」

この哲学から生み出される文章の魅力たるやすさまじく、
昨年下記の本に看過された僕を実際にミャンマーに送り込んだほどであります。
(タイトルをクリックするとアマゾンに飛びます)

ミャンマーの柳生一族

3108DQDPKZL._SL500_AA300_

彼の本はエンタメ作品的に捉えられがちではありますが、
下記の2つの作品なんかは特にジャーナリズムとしても
高い価値を有するものだと思います。

アヘン王国潜入記

519WVOwbi-L._SS500_
西南シルクロードは密林に消える

51Q2VS9l7BL._SS500_

法律スレスレ、いや時にはイリーガルな方法で
辺境に突入していく彼のやり方には賛否がありますが、
真実を発信していくのには危険や批判がつきものです。

法律を犯すわけにはいきませんが、
私も彼を見習って、さまざまな政界の内情について

誰も触れないものに触れ、誰もやらないことをして、誰も書かないことを書く

この精神で発信していきたいと思います。

明日は委員会についてご報告ができるかな?
それでは!

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ