東京から、あたらしくしよう

統一地方選前の、東京23区おそらく最後の前哨戦!品川区議補選は「せらく真央」を維新・公認内定者と発表しました

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

三連休最後の本日は、品川区議会議員補欠選挙に維新の公認内定者として発表された「せらく真央」さんの応援へ。

そう、統一地方選挙前の23区おそらく最後の前哨戦として、品川区では区長選挙&区議会議員補欠選挙が行われるのです。

残念ながら区長には独自候補が擁立できず静観となり申し訳ありませんが、区議補選には31歳・2児の母「せらく真央」を擁立し、品川区でしっかりと維新の政策を訴えていきたいと考えています。

「補欠選挙」というと普通は1枠、多くても2枠というのが通例ですが、今回の品川区議会議員補欠選挙は「3枠」を争う見込みとなっています。

区長選挙と同日選挙、さらには半年後には区議会議員選挙の「本選」が待ち構えているという政治日程もあって、補欠選挙はあらゆる意味の「前哨戦」として熱を帯びる構造です。

1枠なら与党が手堅く獲得する補欠選挙でも、3枠であれば現在は野党第2党である維新も議席の獲得が至上命題

これまで品川区では松本ときひろ区議が孤軍奮闘をしてきましたが、複数議席になれば正式に議会内で会派を結成することが可能となり、品川区政における存在感が高まります。

品川区議補選は9月25日(日)告示、10月2日(日)投開票のスケジュールとなっています。

財政などが潤沢に見える品川区でも、新庁舎の建て替えや子育て支援の不足など課題は山積み。民間感覚で改革を訴える「せらく真央」の活動に、ぜひともご注目をいただければ幸いです。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 39歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ