東京から、あたらしくしよう

コロナ禍は続くのに…東日本大震災時に引き続き、国民に負担を押し付け国会議員の歳費カットは早々に終了か

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(日本維新の会 参議院議員 / 東京都選出)です。

本日から三日間の臨時国会。といっても審議は行われず、議長の選出など形式的な手続きが行われるのみです。

参議院議員は21名に。衆議院41名と合わせて、日本維新の会は国会で62議席を有する政党になりました。

馬場共同代表いわく、「仮に自民党にまるごと入ったとすれば、第二派閥になるほどの人数」とのことです(笑)。←入りませんよ!

改めて、皆さまのご支援に心から感謝です。

人数が増えたので委員会配置も若干変更し、外交防衛委員会と予算委員会はそのまま続投になった一方、憲法審査会の幹事(理事)という大役を新たに拝命しました。

そうそうたる先輩方にご指導を受けながら、参議院でもしっかりと憲法議論を前に進めていきたいと思います。

同時に残念なことをご報告しなければなりません。

新型コロナの影響を受けて、国民生活などにも鑑み国会議員歳費の2割カットが行われていましたが、先月末で終了することになりました…。

東日本大震災のときも、「復興増税」はまだまだ続くにもかかわらず、国会議員の歳費は早々に元に戻し。

今回もコロナの影響はまだ色濃く残り、観光・エンタメ・インバウンドなど多くの業界で正常化がままならない状態で、国会議員の給料だけは元に戻す。

むやみやたらに身を切ることには議論はあっても、さすがにこれは厚顔無恥と言わざるを得ません。

日本維新の会は歳費カット終了に反対・継続を主張し、他の国会議員たちが満額を受け取るようになっても、自主的に歳費の2割カットを継続していきます。

私たちがなぜ「身を切る改革」にこだわるのかは、過去のブログでも折に触れて書いておりますで、未読の方はぜひご覧くださいませ。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ