東京から、あたらしくしよう

候補者不在の「空白区」では比例票はあからさまに減る。だからこそ、その声で一票を掘り起こせ!

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は候補者がいない空白区である東京3区を中心に、3区→4区(大森駅だけ)→1区→ニコ生放送登壇と活動しました。

なんか意識が朦朧としながら回っていましたけど、写真を確認するとどうやら今日は11箇所+αで街頭演説会をやったようです。チラシもたくさん配りました!

先週に引き続き出演してきたニコ生の映像はこちらから。緊張しまくっている阿部司候補を、ぜひ皆さん応援してあげてください!

そしてコメントに「ナイスジャージ」って。今回もジャージですいません。

今日は候補者がいない「空白区」の東京3区でチラシを配りながら、話しかけてくださった方々とけっこうお話ができまして。

「ここは維新に入れられないんでしょう?」
「すいません、小選挙区は候補者がいなくて。でも2枚目の投票用紙、比例代表は維新って書けます!」
「そうなの?そんなのわからないわよ!維新の候補者がいなかったら、ここは維新には入れられないって普通は思うわよ

と女性の方にズバリと言われて、いや本当にその通りだよなと思いました…。

実際、小選挙区の候補者がいる区といない区では、天と地ほども比例票の出方に差が出てきます。

だからこそ上記のような誤解を解くことも含めて、空白区はより丁寧に政策を訴えて回らなければなりません。

選挙戦もあっという間に残り2日!悔いのないように、私は明日も朝から党車に乗り込んで都内を駆け巡ります。

見かけた方はぜひご声援のほど、宜しくお願い致します。比例代表も維新へ!

日本維新の会 マニフェスト特設サイト
https://daikaikaku.o-ishin.jp/manifest/

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ