東京から、あたらしくしよう

「野党系の牙城」旭川市長選で、維新(+与党)推薦候補が初当選!前市長が投げ出したいじめ問題の解決を期待する

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

今週末は東京6区、9区、12区などの応援へ。報道は総裁選挙一色ですが、街も徐々に選挙モードになってきていることを感じます。

そして国政選挙以外にも、毎週のように全国では首長選挙・地方議会議員選挙が行われており、本日26日は北海道旭川市長選挙の投開票日でした。

この旭川市長選挙にて、自民・公明・維新・大地が推薦した今津ひろすけ候補が、前市長の後継者で立憲民主党などが推薦する候補を破って当選確実となりました。

旭川市は野党系の市長が15年間その座を死守し、小選挙区でも野党系が勝ち上がっている牙城でした。

今回の選挙でも、前市長が後継指名した野党系候補が手堅く勝利するのではないかと言われていましたが、蓋を開けてみれば早々に当確が出る完勝。

これはやはり、立憲民主党公認で国政選挙に出馬するために、いじめ問題の解決を投げ出して市長職を辞した前市長への厳しい声も大きかったと思います。

この14歳少女いじめ問題は同期の梅村みずほ議員からのバトンを受け、私が国会で初めて質疑で取り上げてから、解決のための働きかけを続けてきました。

第三者委員会の調査が後手後手にまわり、文科省もしびれを切らして課長クラスを派遣するなど、西川将人前市長を含めた政治・行政のリーダーシップが欠如していたことは明らかです。

今津ひろすけ新市長には、厚顔無恥な前市長が責任放棄をしたこのいじめ問題に指導力を発揮して、局面の打開に動いていただけることを期待し、我々もバックアップをしていきたいと思います。

それにしても、国政選挙や首長選挙で連敗続きだった菅政権の、最後の最後で与党推薦候補が完勝したというのは、なんとも複雑な話です。

総裁選挙の影響・勢いもあったのでしょうね。。

その総裁選挙も残すところ3日となりましたが、その行方に注視しつつ、我々も準備を進めて参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ