東京から、あたらしくしよう

燃えさかる蓮舫議員。選手応援と五輪運営批判は両立すれど、行き過ぎれば非難が殺到するのもまた当然

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は柔道、競泳、スケートボードと4つの金メダルラッシュ!国別のメダルの数は重要ではないとは言っても、同じ日本人が活躍するのは素直に嬉しいものです。

そんな中、政治界隈では立憲民主党・蓮舫議員が盛大に炎上をしておりました。そういう競技はないのですが。

五輪開催に強く反対していた蓮舫議員が金メダルにはしゃぐTweetに対して、あっという間に引用RTが1,000以上に広がり批判が殺到。

これに対して(よせばいいのに…)蓮舫議員は徹底抗戦の構えを見せています。

私自身、はからずも蓮舫議員がおっしゃっているように、選手応援と運営批判は両立するであろうという立場です。

過去ブログ参照

なので、運営方法のおかしな部分については五輪開催中であろうが、選手が活躍している空気に水を刺そうが、政治家や著名人が批判することは自由にやれば良い・やるべきだと思っています。

とはいえ、激しく五輪開催に反対し、いまなお現在進行形で党としても個人としても「反五輪」の発信を続けている政治家が、途端に金メダルにはしゃいだら反感を買って非難の嵐が起こるのもまた当然のことです。

蓮舫議員もRTしているTweet

とりわけ蓮舫議員や立憲民主党の発信内容は、もはや運営批判の領域をやや逸脱して「五輪はいますぐ中止をしろ」という主張であると受け止められても仕方がないものです。

中止したら選手が活躍できないわけなので、「どっちだよ」ってそりゃなりますよね…。

その批判を甘んじて受ける覚悟がないのであれば、金メダルではしゃぐTweetと五輪中止の主張、大会中くらいはどちらかにしておくなり、選手へのエールなど節度ある内容に留めておくべきではないでしょうか。

大会がスタートし、世論の雰囲気は明らかに変わりました。一方で、このお祭りムードで政府や組織委の不祥事・不手際を見過ごしてはいけないという指摘もその通り。

世論に流されず、虚心坦懐に向き合う姿勢が政治家には求められているのでしょう。

…金メダルではしゃいでしまう私が言うと説得力が皆無なのですが。。

蓮舫議員の浮き足立った姿勢を他山の石とし、金メダルラッシュを喜びながらも、節度ある批判的視点を保ってまいりたいと存じます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ