東京から、あたらしくしよう

河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

河井元法相に懲役3年の実刑判決 参院選の買収事件 東京地裁
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210618/1000065918.html

河井克行氏に懲役3年の実刑判決が下され、政界になかなかの衝撃が走っています。

大臣職はもちろんのこと、議員辞職もしているので、これまでの「相場」からすれば執行猶予がつくものかなと私もぼんやり考えていました。

なので実刑判決には少なからず驚きましたし、おそらく河井克行氏本人や弁護人にとっても予想外だったのではないでしょうか。

勿論、厳しい判決に異論はないですし、むしろ歓迎です(高裁でひっくり返るかもしれないけれど)。

「政治とカネ」に対する世間の見る目はどんどん厳しくなってきていますし、こんな前時代的で典型的な買収汚職は、前例などに関係なく厳しく裁かれて当然だと思います。

ただ前例との比較・相場は良いとして、もらった側とあげた側の不均衡については気になります。

あげた側は懲役刑、もらった側は無罪放免(不起訴)…。

公職選挙法の買収は、あげた方はもちろんのこと、本来的にはもらった方も罪に問われます。しかしほとんどの場合で、もらった方はこれまでも不問に処されてきました。

「もらう側も犯罪、厳しく罰せられる」という考えが浸透しない限り、こうした選挙買収を根絶することは難しいのではないでしょうか。

菅原一秀氏が香典や会費をバラまいていた件にしても、もらう側が

「いやいや先生、それをもらったら我々も捕まっちゃいますので(汗)」

と断れるような空気を、適切な裁きを下すことによって醸成することが大切なわけです。

選挙買収事件 受領現金「寄付せず」 広島市議、公判証言を覆す
https://mainichi.jp/articles/20210616/k00/00m/040/039000c

実際、もらった側の自民党地方議員も虚偽証言を繰り返すなど、相当な問題が散見されています。

100人もの買収が認定されながら、その全員が不問(不起訴)というのは、今の世論から考えても納得し難いものがあるのではないでしょうか。

そして買収の原資となったであろう1億5千万円もの活動資金を提供してきた自民党本部にも、当然のことながら説明責任が残っています。

もらった側もあげた側も多くは自民党の議員で、さらにはお金の流れについて幹事長以下誰も責任を取ろうとしない。昭和の時代から続く自民党の金権政治体質は根深いものがあります。

逮捕者や被疑者になった場合に歳費を差止めたり、当選無効になったら歳費を返納させる法改正案も、結局与党側はポーズだけで今国会での成立は見送りになりました。

6月18日の中国新聞。私も取材協力。

自民党にやる気が無いのなら、我々が政治改革をリードします。取りまとめた骨子案を、臨時国会に提出することも睨んで調整中です。

きたる都議選・衆院選では「政治とカネ」の問題についても重大な争点として、しっかりと議論を戦わせていきたいと思います。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ