東京から、あたらしくしよう

次期衆院選・目玉公約「日本大改革プラン」全容が明らかに。フロー大減税と社会保障&規制改革で飛躍を目指す!

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日、「身を切る改革」「統治機構改革」と並ぶ重要政策の1つとなる「日本大改革プラン」が記者発表されました。

動画の冒頭で馬場幹事長が触れているように5月17日は6年前に大阪都構想の住民投票が行われた日でもあり、感慨深いものがあります。

中身は産経新聞が非常に上手くまとめて下さっている他、50枚以上に渡るスライド資料も公開されています。

◯日本大改革プラン資料(GoogleDrive)

「ベーシックインカム」の部分が大きくフォーカスされましたが、あくまでそれはプランの1パーツにすぎません。

私にとって重要なのは「減税」部分で、消費税・所得税・法人税などのフロー課税をパッケージで大減税する方針が明記されました。これこそが我が国経済の起爆剤になると確信をしています。

ベーシックインカムについては、印象論だけで「竹中平蔵方式」という謎の批判が飛び交っていますが、統合するのは基礎年金や生活保護の一部(医療などは残る)・児童手当などであり、既存の社会保障制度のすべて破壊する乱暴なものでは全くありません

財源論については、ご指摘・批判の多かった「金融資産課税」は構想から落としました。税制改革などの効果による経済成長、行財政改革で必要財源を生み出します。

とはいえ、すぐに経済成長=税収増に結びつくとは限りませんから、初期段階における国債発行は否定していません

むしろ足元では国債発行を行う積極財政が理にかなっており、数年程度で経済成長を軌道に乗せることで税収確保を目指します。ただ、財政規律を放棄するわけでは決してありません。

壮大なパッケージプランとなり、短時間で全容を伝えることは困難ですが、秋に想定される総選挙に向けて情報発信と議論を重ね、よりよい内容へと進化・深化させていきたいと思います。

プランの詳細部分はブラッシュアップされるかもしれませんが、大きな理念・方針・政策は出揃いました。

自民党に代わる新たな選択肢として、本質的なチャレンジをより一層加速してまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ